【愛育病院】帝王切開手術出産の入院生活前半(第二子編)

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

愛育病院で予定帝王切開手術により2人の子供を出産しました。

帝王切開には緊急と予定の2種類がありますが、出産後の入院生活はそこまで変わらないと思います。
帝王切開が不安な方にも、愛育病院での出産後の入院生活を知りたい方にもお役に立てると思います。

是非最後まで読んで参考にして下さいね。

スポンサーリンク

基本の入院期間

帝王切開による出産:8泊9日
普通分娩による出産:5泊6日

但し、希望により医師の許可があれば早めの退院することも可能です。(ママ友はご飯が美味しくないから・・・と帝王切開手術にも関わらず5日位で退院していました)
また、赤ちゃんの体重が順調に増えないと退院日当日に許可が下りず入院期間が延びる場合もあります(仲良くなったママさんは予定より1日遅れて退院しました)

手術前日

入院前

予定帝王切開の場合、前日の2時頃から入院可能です。
我が家は上の子もいるし私もまだ切迫早産気味だったので、万が一陣痛が来てしまっても何とかなるように、早めに愛育病院に向かいました。

9階の売店横のレストランで私、旦那さん、上の子、じいじとばあばでランチ。この5人だけでランチするのも最後だと思うと感慨深いものがあります。

個室でないと12歳未満の子供は入院病棟に入れないので、上の子は1階でじいじとばあばと待っていて、入院手続きが終わった後に私が再度1階に降りてきてバイバイする時間を取る予定でしたが、3歳半の上の子も敏感に何かを感じ取り泣き出してしまいます。
直ぐに会えるよ、赤ちゃんが生まれたら会いに来てね、と話しかけるも「ママと一緒にいる~。離れたくない~」とギャン泣き。

「じゃ、少し遊ぼうか!」とかくれんぼなどをして上の子に笑顔が戻ってきたところで、ソロリソロリとエレベーターに移動し、じいじとばあばに目で挨拶をして旦那さんと上の階に上がりました。

入院後

「さみしい思いさせてごめんね>< でもママは入院して赤ちゃん産まないといけないから。ママも頑張るからね。また数日後に会えるよ。赤ちゃんにも会いに来てね。じいじとばあばの言うこと良く聞いてね」と心の中で呟きながら入院手続きをしました。

しかしここで私的な大問題!!!!個室が空いていない!!!!!がーーーーん!!!

そうなのです。愛育病院は他のブランド産院といわれる山王病院や聖路加病院とは異なり、全室個室ではありません。
その為、個室が埋まっていると大部屋にしか入れないのです><

若干落込みつつも大部屋に入室。手術前の検査(心電図、血液検査)、医師からの説明やら同意書への署名やらの事務手続きが終わるとすることがないので、買っておいた雑誌を読んだり友達とSNSしたり。

旦那さんも1階に降りて上の子、じいじ、ばあばと合流しました。

夕方5時頃小腹が空いたので売店に行ったら閉っていてビックリ!!!「あれ?6時まで開いていたような・・・??」
まあ晩御飯まで待とうと晩御飯を楽しみにしていたのですが・・・想定より晩御飯が少なくてお腹が空いてしまいました><
詳細はこちら⇒【画像付き】愛育病院(港区芝浦)の病院食19回分まとめ 

そこで、愛育病院横にあるコンビニまで出掛けようとしたのですが、休日なので愛育病院の入口が閉っている。それなら、守衛さんにお願いしてコンビニまで行こうとしたら、「外出許可が無いと駄目です。外出できません!!!」と言われてしまいました><

えええええ!昔入院した他の病院では、夜自由にコンビニに買い出しに行けましたけど・・・???

仕方が無いので入院棟の看護婦さんに話しましたが「いや~、コンビニに行きたいという理由では先生から外出許可は貰えないですね」と一笑され、空しく敗退。

と、言うわけで、明日から新生児のお世話で忙しくなるので最後の晩くらいは羽を伸ばしてのんびりしてやる!と思っていましたがお腹が空いて空いて仕方が無い夜なのでした。

ちなみに、帝王切開手術前日の夜9時以降の食事は禁止されていますが、0時までは水のみ飲むことが可能です。

しかも、大部屋で他のママ達は赤ちゃんを既に出産されていたので新生児が同室で寝ています。当たり前ですが夜も、泣きます泣きます笑。私は眠りが浅いので、結局半分くらいしか眠れず、出産当日の朝を迎えることになるのでした。

家族の過ごし方

上の子はどうしていたか
上の子とパパ(旦那さん)だけでは不安だったので、私の両親にも来てもらい自宅に泊まって貰いました。
私と離れてグズグズしていたのもわずか、その後五反田の赤ちゃん本舗に行き、これから実家近くのインター保育園に通うため、色々保育園グッズを買って貰いウキウキになっていたようです。
夜ご飯の間も良くしゃべりご機嫌だったようですが、夜寝るときになりママ(私)がいないことの重大さに(ようやく)気がついた模様。
生まれてからママ(私)と毎晩寝ていたのにそのママがいない!!!!
勿論ギャン泣き泣き泣き。
最後は「パパでもいい~」と叫び、旦那さんと一緒に横になり寝たそうです・・・。
それまではパパが一緒に寝ようとすると「パパ、あっちいけ!ママがいい!」と叫んでいたので大進歩ですね😊
スポンサーリンク

手術当日(絶食)

朝:起床は6時

6時に起床してシャワー。手術衣に着替え、モニターを取って、浣腸をします(ちなみにですね、これは少なくとも5分は我慢しないと効果が出ないようですが私は2分でギブアップしてトイレに駆け込みました・・でも、それでも大した問題なく赤ちゃんは生まれたのでした)

そして、弾圧ストッキングをはかせて貰います。(手術後は動けないので血栓ができる可能背があるらしくその予防目的です)

8時過ぎに旦那さん到着。

9時半の手術予定でしたが、緊急帝王切開手術が入ったようで結局12時の手術となりました。待ち時間が長いと逆に色々考えてしまい、2回目といえども緊張してきました><

その間旦那さんは「コーヒー飲んでくる」と9階に向かいましたがレストランは未だ開いていなくて缶コーヒーで済ましたとのこと。コーヒー命なので可哀相に・・
レストランと売店の詳細はこちら⇒実体験に基づく愛育病院の院内レストランと売店の使い方

昼:帝王切開手術室へ

12時頃、まずは私だけ看護婦さんに付き添われて手術室のある階に降りていきました。手術室の前で座って待っていると、執刀医が挨拶に来られましたがその際「チョコレートのう腫も場合によっては摘出出来ますがどうしますか」と聞かれ、「お願いします」と書類に同意のサイン。
詳細はこちら⇒【愛育病院】帝王切開手術時にチョコレートのう腫を同時摘出 

手術室に入り、麻酔を打つのですが痛い痛い痛い!!!でも、まあ、我慢我慢我慢!!!!
痛いだけじゃなくて、細い手術台の上で身体をねじるので変な大勢になり余計に筋肉が釣りそうになるんですけど~!!

麻酔がある程度効いてくると旦那さんが手術室に入ってきて、手術開始!無事に赤ちゃんが生まれてきてホッとすると涙が・・・。
あああ、今回も無事赤ちゃんをこの世に送り出せて良かった・・・神様有り難う!赤ちゃんと対面。無事に生まれてきて本当に有り難うね♡
詳細はこちら⇒【愛育病院】1時間半の帝王切開の流れを説明(立ち合いは15分) 

涙の出産後、旦那さんが出て行くと今度はチョコレートのう腫の摘出手術。先生も忙しいね~
詳細はこちら⇒【愛育病院】帝王切開手術時にチョコレートのう腫を同時摘出

今回は1時間後には麻酔から目覚めました。(第一子の時は3時間くらい寝ていたのでそれに比べると早いね)

赤ちゃんと病室で対面しますが、まだ尿管に管も入っていますし、基本は寝たきりです。手術当日は飲食禁止です!

看護婦さんに「2人目なので母乳育児の経験もありますし、母乳の出もいいので、夜はおっぱいマッサージはなしでお願いします!」と頼み、とにかく横になり明日からの育児に備えるため寝ていました。しかし、身体を自由に動かせないので肩が痛くて痛くて眠れない><
ナースコールで看護婦さんを呼んで、持参した湿布を貼って貰いました。多少は効果があったかな・・。

家族の過ごし方

上の子はどうしていたか
旦那さんは出産に立ち会いましたが、上の子は個室で無いと病棟に入れません。
朝の時点では自分が個室に入れるのか分からなかったので、じいじとばあばと一緒に実家に連れて帰って貰いました。
その夜は、じいじと一緒に寝たようです。

手術後1日目

午前

喉が渇きます。めちゃくちゃ喉が渇きますが、医者の許可が無いと水さえも飲めません><

午前中に医者の診察があり、経過が良さそうなのでお昼には尿管のカテーテルを抜いて歩行を開始
左側の下腹部は麻酔が効いているのか痛くないが、右側は切ったお腹が痛む。歩くたびにお腹が引きつるように痛い・・・><
うううううううううううううううううううう、痛いっす・・・・涙
なのに、何故歩かせる?????それは、身体を動かすことによって早い回復するように・・だそうです。でも痛い><

午後:流動食

2時頃旦那さんがお見舞いに来たので、凝って痛い肩にパイオニクス(置き鍼)を張りまくって貰う。赤ちゃんと会ったり雑談後、明日から仕事なので準備のため旦那さん帰宅。

その後、愛育病院の小児科に子供と来ていたママ友さんが10分くらい遊びに来てくれました。ここで頂いたチョコをつまみ食いしたのが後々おっぱいが張って痛くて夜眠れなくなるのをこの時の私は未だ知らない・・・

夕方、赤ちゃんに右のおっぱい初授乳!!!上の子の卒乳以来でなんだか懐かしい。

あ~、なんて可愛いのかしら~。そして鳴き声が小さくてホにゃホにゃしてる~♡
久々のテープ式のオムツ替え。うんちも生まれた後って緑なんだよね~。量も少ないのよね~。
(3歳児のそれらを見慣れていると何て何て少なくてちょろちょろしてて可愛いのかしら。臭くないし~♪)

流動食が開始されました。お腹が空いていたので、もりもり食べてガンガン水飲んで、看護婦さんに内緒でチョコ食べまくってました。

夜:流動食

この夜から母子同室なのですが、私は心を鬼にして看護婦さんに「赤ちゃんを新生児室で預かって下さい。5時にお迎えに行きます・・」と夜12時頃にお願いしました。
ちょっと嫌な顔をされた気もしますが、「前回夜眠れなくて不眠症になったんです。睡眠剤飲まないと眠れないくらい大変だったんです。入院している間は眠りたいんです」(←嘘じゃ無いです。本当に睡眠剤飲まないと眠れないくらい睡眠のサイクルがめちゃくちゃになりました><)とお願いして、同意して貰えました。

手術後2日目

午前:流動食

結局12時~5時まで眠れたので、割とすっきりした頭で一日を開始。

それにしても、第二子ってのは大人しい!!ママ友が言っていたけど本当なのね~♪

というか、赤ちゃんの泣き声になれているし、何となく我々母親も育児経験があるから赤ちゃんが何で泣いているのか分かるので、大変に思わないのかも知れないな・・・なんて感じて「結構2人目いけそうかも!育児そこまで大変じゃ無いかも!」と思っていました・・・

午後:五分粥

午後、麻酔のカテーテルを外して、久々のシャワー。熱いお湯が気持ちよいわ~なんて思っていたら、めちゃくちゃものすごい痛みに襲われました!!

あらゆる痛みが一気に押し寄せた感じです><
昨日までは麻酔で痛くなかった左下腹部も痛み始め、右も左も痛くて、傷口がアツイ、痛い><
しかも、傷口だけでなく普通にお腹の中も痛くてご飯も食べられないくらい。胃腸まで痛い。

しかも昨日からつまんでいたチョコのせいか(本当はね、まだ駄目なんです、この時点でチョコ食べちゃ・・・ごめんなさい)おっぱいがめちゃくちゃ張ってきて、冷や汗ダラダラ出てきました。何も考えられず、赤ちゃんは新生児室に預けたまま、ベッドの上で泣きそうな気分で痛みをこらえていました。

痛い痛い痛い・・・>< 痛みには強い方だけどそれでも痛いじょ・・・

座薬も入れて貰うには6時間間隔だし。ガンガン入れてくれよ!座薬!!涙

助産師さんにおっぱいの張りについて相談したら「初めの数日だけですよ。少し圧抜きしますか」と言われ抜くも、どんどんおっぱいが母乳作ってる模様。わたしのおっぱいさんよ、そんなに頑張らないでいいのよ。休みなさいよ。

胸がぱんぱんで石みたいに固くなってしまい、いつも通っていた師匠の助産師さんに電話でSOSコール。

食事はパン、クリーム系は避けて。お腹が痛いならお粥に切り替えて。耐えられないなら痛み止め貰って飲んでいいから。牛蒡子が残ってるなら旦那さんに煎じて持ってきて貰えれば少し良くなるかも

 

看護婦さんに食事はお粥に、パンやクリーム系はなしでお願いし、旦那さんには冷凍庫の中の牛蒡子を煎じて持ってきて貰うよう電話でお願い。

夜:五分粥

日付が変わる12時頃「あらゆる痛みに襲われているので死にそうです。5時まで新生児室で赤ちゃんを預かって下さい」と遠慮がちに、でもはっきりとお願いしました。

赤ちゃんに左のおっぱいも飲んで貰えて幸せになるものの、兎に角傷口もお腹もおっぱいも痛くて痛くて、振り返るとこの日が一番辛かったです><

 

続く・・・⇒【愛育病院】帝王切開手術出産の入院生活後半(第二子編)

 

●こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事