aiiku restaurant

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

愛育病院の9階にはレストランと売店があります。
妊婦健診で通院中や入院中に何かとお世話になりました。

但し、良くも悪くもあまり「儲けよう」という姿勢がなく、営業日時が短いので、
普通のコンビニのように捉えて入院中に当てにすると大変な目に遭います。

それでは、早速愛育病院のレストランと売店についてみていきましょう。

スポンサーリンク

レストラン (愛育グリル)

営業時間

平日 11:00-15:00
土日 11:00-15:00
祝日 休業
03-3453-6026

出産の立ち会いの前後に、朝の珈琲を1杯飲んで一息つきたかった旦那さんは、「営業時間外だった・・」としょんぼりしていました。朝から開店はしていないのでご注意下さいね。

メニュー


お食事は800-1000円くらいで(飲み物は350-400円)、まあまあ美味しいです。
個人的にはハンバーグステーキ、天重、とんかつ御膳をよく食べていました。
お子様セットはないですが、うどん単品やうどんセットを子供は好んで注文していました。
お水はセルフサービスですし、横の売店でジュースを買って飲む子も多いです。

雰囲気

券売機でチケットを購入してから注文する形態ですし、きれいな食堂という雰囲気です。
仕切られた奥のスペースは院内で働く従業員(先生や看護師さん含む)専用のスペースとなっています。

産院のレストランなので、子供も勿論OKですし、子供椅子や食器も用意されています
上の子がいる場合は、院内レストランが近くて気を遣わなくて良いので、子供連れには非常に使い勝手の良いレストランです。

混み具合

土日のお昼時(12時前後)は、お見舞客のご家族も多いので少し混みますが、
それ以外の時間帯は満席で座れないほど混んでいることは余りありません。

また、営業時間外でも隣の売店が開いている時間帯は中には入れますので、
売店で買ってのんびり座って食べることも可能です。

眺望

aiiku view

売店(ヤマザキショップ)

営業時間と電話番号

平日 9:00-18:00
土日  10:00-15:00
祝日  休業
03-3453-6026

私は予定帝王切開だったので、前日の日曜日に入院し、家族で院内レストランでランチを楽しみ、そのまま入院しました。夕方、小腹が空いたので何か食べようと思い売店に行くも閉店していてビックリ!!

売店を当てにして、何も食料を持参していなかったのです。
しかも、その日の夜ご飯は友人にも「質素だね・・」と言われるほど少量のお魚料理・・・。
唯一鞄に入っていたアルフォートを2箱食べて何とか飢えをしのぎましたが、そのチョコが原因なのか、出産後の胸がぱんぱんに張ってしまい痛いのなんのって(涙)

入院する方は、売店の営業時間を考慮に入れて荷物の準備をしてくださいね。

取扱商品

aiiku shop

医療・育児雑貨
授乳クッション・パンパースプレミアムのオムツ・哺乳瓶・ミルクポン(哺乳瓶洗浄)ミルク(アイクレオとはぐくみ)・
腹帯ソフラビレイ・メデラのピュアレーン・ガーゼ・ママのパジャマ・スリッパ・授乳ブラ・新生児の肌着・帽子etc
食料品
お弁当・パン・サンドイッチ・おにぎり・アイス・飲料etc
雑誌

最低限の物はそろいますので緊急入院の時は有り難い存在ですし、入院中の気晴らしに雑誌を買うのにも便利ですが、
やはり少しお高めな印象があります。(というか、定価です*)

*(参考例)腹帯ソフラビレイ¥1242、簡易スリッパ¥300、通常スリッパ¥840、モーハウス授乳ブラ¥3024~3348、ワコールパジャマ¥14,000
価格は予告なく変更されている場合がございますので参考程度に捉え、詳細はお電話でご確認下さい→03-3453-6026

入院中のオムツは、パンパースプレミアムが一袋用意されていますが、それ以上必要な場合は自分で用意する必要があります。
荷物が多くなるのが嫌な方は、ここの売店で購入できますし、
少しでも安く抑えたい方や他のブランドが良い方は、院外で購入して持参されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。
愛育病院のレストランと売店についてまとめてみました。

私は切迫早産で絶対安静だった第一子妊娠時代、妊婦健診後に院内レストランでランチを食べるのをとても楽しみにしていました。
「ここでなら万が一何かあっても、下に先生達がいるから大丈夫よね~」と、唯一の外食を楽しんで気分転換したものです。

また下の子を出産時、下の子がいない最後の時間を上の子と過ごしたのもこのレストランで何だか思い出深い場所です。

祝日は休業なのと、営業時間にだけ気をつけてくご利用下さいね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事