aromatherapy

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

私は、2人の子供を港区芝浦の愛育病院で出産しました。

入院中、愛育病院勤務の助産師さんによるアロママッサージを2回とも受けたのですが、
産後の疲れも取れやすくなり何よりとても癒やされました。
余り知られていないのですが、実は妊娠中から産後まで利用可能なのです。
しかも、今月(2019年7月)から電話予約も可能となり大変便利となりました。

 

妊娠中から産後は、ホルモンバランスも崩れ身体も疲れやすくなります。
アロママッサージで心と身体をほぐすと、毎日の生活が少し楽になります♡
是非参考になさって下さいね。

スポンサーリンク

愛育病院 アロママッサージについて

愛育病院で受けられるアロママッサージについてまとめました。

マッサージをする人

アロママッサージをする方は、全員、愛育病院勤務のアロママッサージ有資格者の助産師さんです。

通常のマッサージですと、「妊婦さんお断り」「産後は1ヵ月検診過ぎてから」「帝王切開の方は、産後3ヵ月以降から」などの制約が多いですが、
ここでは妊娠、出産期のスペシャリスト(専門家)である助産師さんにマッサージを受けられるので安心です。
心と身体が大きく変化するこの時期の女性にとっては、施術中に助産師さんに相談が出来るので心強いですね。

妊娠中は、使用してはいけないアロマもあるのですが、その点もきちんと考慮されているので安心して施術を受けられます

マッサージを受けられる人

妊娠中:愛育病院もしくは愛育病院と提携しているクリニックで妊婦健診を受診している方(16週未満の方は受けられません)
入院中:愛育病院で出産入院中の方
産後 :愛育病院で出産された方

注意点1近所に住んでいても、愛育病院で出産をしていない方は基本的にはマッサージを受けられないようです。(2019年7月現在)

注意点2妊娠中は、特に書面の提出は求められませんが、必ず担当医にマッサージを受けて良いか確認して下さい

注意点3提携クリニックで妊婦健診を受けている方は、念のため母子手帳と感染症の結果を持参して下さい。

 

価格

価格:80分 9000円

 

曜日と時間枠

曜日:月・火・水・木・金
時間枠:9:30、11:30、14:30の一日3枠
※以前は曜日が週2~3日だけだったので枠が増えました!

 

マッサージの流れ

通常のアロママッサージと基本的には同じ流れです。
①事前説明
書類の記入時に、特に重点的にマッサージしてほしい箇所や悩みを記載するとマッサージとお話が弾みます
勿論静かにマッサージを受けたい方はお話をしなくてもいいですし、お話ししたくても気持ちが良くて眠ってしまう方も多いそうです。

②着替え

③足湯+アロマの選定
助産師さんに相談すると、悩みに効果的なアロマを選んでもらえます。
その中から自分の好きな香りを選ぶのと効能と癒やしの両方が期待できます

④マッサージ
足、背面、上向き、首と通常のマッサージと同じ流れです

⑤着替え・飲み物・終了

 

予約方法

2019年7月から電話予約が可能となり大変便利になりました!

妊娠・産後の方:窓口か電話の2通りの予約が可能
入院中の方:入院中に助産師さんを通して予約

注意点マッサージを受ける曜日によって、枠の解放日が異なりますのでご注意下さい。

事前予約可能 当日9:00に
枠が解放される

少し分かり辛いのですが、月・火・水は事前に予約が出来ますが、木・金の枠は当日の9時に解放されます。
木・金は助産師さんの本業の都合で(例)病棟にあがる、手術に入るなど)、当日に枠が解放できない場合もあるそうです。
可能な限り事前に予約を取っておくことをオススメします

電話予約は通常の予約専用ダイヤルの03-6453-7311から可能です。

 

いつから予約は出来るの?

枠の解放は前々月末~前月初だそうです。
そのため、タイミングにもよりますが、大体1ヵ月~2ヵ月先まで予約可能です。

例)9月の枠は7月末~8月頭に発表になります。8月頭に電話すると、9月末まで予約が可能と言うことですね。
※ただ、これも助産師さんの予定によるので、詳細は窓口か電話で確認して下さいね(03-6453-7311)

赤ちゃんの預かり

赤ちゃんや上の子の一時預かりはないです。
ここが、唯一残念な点なのですが、今後改善されることを祈りましょう。

出産後にマッサージを受けたい場合は、親御さん、友人、シッターさんに赤ちゃんを見てもらう必要があります。
「同伴もOK」とも言われましたが、80分の枠でずっと泣き続けることも考えられますので、自己責任でお願いしますね。
99%の方がお一人で来られているようです。

キャンセルは?

妊娠中や出産後は、自分や赤ちゃんが体調を崩したりと予定通りいかないことも増えてきます。

愛育病院のマッサージは、当日のキャンセルも可能です。
あくまでも、「お金儲けのため」ではなく「妊婦さんやママさんのためのサービス」としてマッサージを提供しています。
この辺りも使い勝手が良いですね。

 

実際に受けた感想

私は出産入院中に2回とも利用しました。
毎日のように受けたかったのですが(笑)、人気のため枠が取れず、毎回1回しか受けれませんでしたがとても満足でした。
(当時は、週2~3日だけので、枠が今より少なかったのもあります)

第一子の時
切迫早産でずっと絶対安静だったため、4ヵ月弱妊婦健診以外は自宅のベットの上で過ごしました。
その為筋肉も衰え、身体には凝りと疲れが溜まりまくっていたようです。
助産師さんに「背中が泣いてるわよ~」と言われ、自分がどれだけ疲れていたのかその時知りました。

助産師さんに、出産の悩みや今後の不安を聞いて貰い、アドバイスももらい、「大丈夫よ!何とかなるから!」と笑顔で言われどれだけ救われたことか。
初めは恐る恐るうつ伏せにしましたが、帝王切開直後でもマッサージを受かられたことに感動しました。

 

第二子の時
やはり切迫早産でしたが、第一子の時の教訓もあり、鍼灸に通い何とか自宅安静レベルに抑えていました。
毎週、鍼に通っていたため、第一子の時ほどは身体はボロボロにはなっていませんでしたが、やはり出産後はドッと疲れるもの。
赤ちゃんから離れ、一人になるときの開放感!!(勿論自分の子供は目に入れても痛くないほど可愛いですけどね♡)
アロマをかいだときの、うんち・おしっこ・おっぱいの世界から「あ~大人の空間に戻ってきた」という喜び。
久々にアロマの香りで癒やされ、心も身体も軽くなったのを今でも良く覚えています。

またアロママッサージを受けて、癒やされたいな♡
スポンサーリンク

自宅のアロママッサージもオススメ

妊娠中や出産中は外出もままならない、自分のための時間がとれないお母さんも多いですよね。

私も妊娠中は切迫早産でアロママッサージに通えなかったですし、自宅でマッサージをしていました。
こちらは妊娠線予防にもオススメなドイツのWELEDAのマザーズオイルです。
アーモンドたっぷりのオーガニックオイルでAmazon's Choiceにも選ばれています。
香りは好みがありますが、そして悪阻の時期は難しいかもしれませんが(><)、妊娠中や産後足裏やふくらはぎから下を軽くマッサージしても気持ちよかったです♡ (但し、切迫早産の方は、必ず先生に確認してからご利用下さい!)

 

まとめ

愛育病院内のアロママッサージついてまとめましたが、いかがでしたか。

妊娠、出産、産後は、ホルモンバランスも大きく変化し、心と身体が不安定な時期です。
それなのに、この時期は通常のマッサージサロンでは断られることも多いです。
ここでなら妊娠出産期の女性の身体を誰よりも知る助産師さんに施術をしてもらえるので、とても安心です。

また、この時期は不安や悩みが多いもの。
助産師さんに話を聞いて相談しながら施術を受けられるのが、個人的には大きなポイントです。

心と身体を癒やして、皆様がハッピーな妊娠・出産・産後ライフを送れますように!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事