旧軽銀座通りでコスパ最高のメガ盛りそばが食べたいなら西川へ

こんにちはバイリンガルママのソフィアです。

 

軽井沢にきたら1度は訪れたいのが旧軽井沢銀座通りですよね。ここにはレストランやカフェがたくさんありますが、観光地価格なの否めません。

せっかく信州に来たのだから、おそばを食べてみたいな。でも育ち盛りの子供がいるから、お財布に優しいお店で食べたいなぁ、、、。

今回はこんなお悩みを持つ方にピッタリのお蕎麦やさんをご紹介します。

 

スポンサーリンク

そば処西川 基本情報

場所

旧軽井沢銀座通りの入り口から 100〜150メートル位進んだ左手の2階にあります。

住所 軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢580-1
電話 0267-42-3458
営業時間 11:00-15:00

夏季GW 11:00-18:00

定休日 木曜

夏季無休

※紅葉が綺麗な11月の三連休日曜の13:45頃おとずれました。10分程で座れましたが、この日はかなり混雑してたからかお蕎麦が売り切れたらしく(?)14時頃には閉店されていました。売り切れ次第閉店になるようですので、ご注意くださいね

特徴

旧軽井沢銀座通りと言う観光地のど真ん中にありながら、更科そばをお求めやすい価格で提供する良心的なお蕎麦屋さんです。

通年営業をされているので、秋から冬にかけて軽井沢に行かれる方も訪れることが可能です。

普通盛りでも450グラムとおそばの量が他店舗より多いのが特徴。詳細は、メニュー欄を参考にしてくださいね

店舗

目の前にミカドコーヒーがあり、ソフトクリームを求める観光客の行列ができているので、わかりやすい立地です。

店舗は2階にあり、階段で上っていきます。エレベーターはありません。緑の暖簾が目印です。

店内はどちらかと言うと大衆食堂っぽいですが、テラス席やお座敷席もあり、使い勝手が良いですよ^_^

そば処西川 お食事情報

メニュー

こちらが、西川の看板メニュー!?

信州はそばの産地でもあるため、大盛りを提供するお店は多いですが、1.5キロはなかなかありません。これで、1100円と値段は中せいろと同じです。ただし大せいろ、大ざるはお店の特別サービスなので複数人でわけることは出来まさんので、ご注意ください!

お蕎麦

○けんちんそば

○天ぷらせいろ(450g)

○中せいろ(1kg!!)

さすがに1キロのお蕎麦はボリュームがあります!お腹を空かした旦那さんが頼んだのですが、美味しかったけど、もうしばらくおそばは食べたくないと言っていました😆

※お蕎麦は白くて細い更科そばです。つなぎが2〜3割入っているので、多少おそばの香りは落ちますが、喉越しも良くつるつるとしています^_^

子連れ情報

ハイチェア等はありませんが、お店の方がとても感じが良く子供にも優しく接して下さいました。カトラリー、コップ、お皿は頼めば小さめのものを持ってきてもらえます。

店舗は2階にありエレベーターはありませんが、自分たちでベビーカーを上に運べば、入店も可能です。

トイレは1つしかなく狭いので、オムツ替えは厳しいかな、、

スポンサーリンク

まとめ

旧軽銀座通りにある、そば処西川をご紹介しました。中せいろでも1キロありますので、お腹をすかせたお子様連れや育ち盛りの食べ盛りな男子達にはオススメですよ。また、雰囲気もワイワイしていてお座敷席もあるので赤ちゃんや子連れのファミリーでの利用にもオススメです。

是非お試しくださいね^_^

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事