冬の軽井沢の服装(雪遊びも)★子供から大人の服装を現地からレポート

こんにちは。バイリンガルママのソフィアです。

旅先での服装は一番悩みますよね。そこで、今回は冬の軽井沢の服装を現地からレポートします。

尚、東京との気温差などの基本的な軽井沢の気候知識についてこちらの記事をご参照ください。秋の軽井沢の服装: 子供から大人までの服装を現地からレポート

スポンサーリンク

冬の軽井沢の服装1

この日は最高気温6度、最低気温-4度、晴れのち曇り。(東京は最高気温9度、最低気温4度)

大人(女性)

極暖長袖
ウールのセーター(腰まで、タートルではないが首はつまっている)
コーデュロイのズボン
ヒートテックの靴下
スニーカー
マフラーと帽子
真冬用のコート
手袋がないと手が悴む(-_-;)

大人(男性)

長袖シャツ(コットン)
フリース
デニム(東京で通年はいているもの)
靴下
スニーカー
もこもこのジャケット(真冬ようではない)
手袋がないので寒そう(-_-;)

子供4歳

極暖長袖(ヒートテックの一番暖かい下着)
裏起毛のフリース
裏起毛のズボン
厚手の靴下
スニーカー
真冬用のコート(ダウン)
手袋

子供1歳

ヒートテック長袖
裏起毛のフリース
厚手タイツ
靴下
スニーカー
真冬用のコート(ダウン)
手袋と帽子(嫌がるけど一応)

注意点

昼間裏庭で遊んだくらいですが、日が当たっているところで走り回れば4歳児はコートを脱ぎたくなるようですが、1歳児は鼻水をたらたら垂らし始めたので20分くらいで家に入りました。

大人は庭のもみの木にライトを巻き付ける作業をしました。子供と走ればコートを着ていれば十分ですが、寒がりの私は指先がかじかんでしまうので手袋は必須でした。

ちなみに直前まで東京での服装の違いは、子供たちは下着をヒートテックにして手袋や帽子を足したくらい。大人(男性)はフリースを足して、大人(女性)は下着をヒートテック(半袖)から極暖長袖にしコートを薄いダウンから真冬用のコートに変えた程度です。

 

冬の軽井沢の服装2

この日は最高気温3度、最低気温-4度、曇り。(東京は最高気温9度、最低気温4度)日が照ってないので物凄く寒いです!

大人(女性)

極暖長袖
ウールのセーター(腰まで、タートルではないが首はつまっている)
コーデュロイのズボン
ヒートテックの靴下
スニーカー
マフラーと帽子
真冬用のコート
手袋

*ズボンの下にヒートテックをはけば、夜も外出可能かもです

大人(男性)

極暖長袖
フリース
デニム(東京で通年はいているもの)
靴下
スニーカー
もこもこのジャケット(真冬ようではない)
手袋

*これで顔以外は寒くなかったそうです

子供4歳

極暖長袖(ヒートテックの一番暖かい下着)
裏起毛のフリース
裏起毛のズボン
厚手の靴下
ものもこのベスト
スニーカー
真冬用のコート(ダウン)
手袋と帽子

子供1歳

ヒートテック長袖
裏起毛のフリース
もこもこのワンピース
厚手タイツと靴下
スニーカー
真冬用のコート(ダウン)
手袋と帽子(嫌がるけどマスト)

注意点

昼間、曇り空でしたがお散歩に出かけました。枯葉で遊んできゃっきゃっと楽しんでいましたが5分で子供2人共くしゃみをして鼻水が出てきたので帰ってきました💦

大人はヒートテックを着ていたのであと30分は歩けそうでしたが、無理をすると必ず風邪をひくので、引き返してきて正解でした。手袋と帽子は必須!

 

スポンサーリンク

冬の軽井沢の服装3 雪の日

この日は最高気温4度、最低気温-4度、曇のり晴れ。(東京は最高気温9度、最低気温6度)夜中に雪が降り積もりました。午後から日が照ってきたので雪遊びも楽しめました!

大人(女性)

極暖長袖
極暖レギンス
フリース
ヒートテックの靴下
雪用ブーツ
マフラーと帽子
スキーウエアの上下
手袋

*極暖の下着上下とスキーウエアを着たので寒くなかったです

大人(男性)

極暖のレギンス
フリース
デニム
オーバーパンツ(シャカシャカで中がもこもこ)
ダウンジャケット
ヒートテック靴下
雪用ブーツ
手袋

*寒くなかったようです

子供4歳

極暖長袖
ヒートテックのレギンス
裏起毛のフリース
裏起毛のズボン
厚手の靴下
ものもこのベスト
雪用ブーツ
スキーウエア上下(帽子付き)
雪用手袋

子供1歳

ヒートテック長袖
裏起毛のフリース
もこもこのワンピース
厚手タイツと靴下
雪用ブーツ
スキーウエア上下(帽子付き)

手袋は取ってしまうのでスキーウエアの袖を伸ばしておきました💦

注意点

この日は裏庭で雪遊びをしました。その為格好は完全な雪遊び用の服装です💦

実は雪が降ることは想定していたので子供達の雪用ブーツと手袋は用意してあったのですが、20cm以上積もるとは思っていませんでした。子供達が寒さで風邪気味だったので、急遽お隣の佐久市の西松屋でスキーウエア上下を購入して遊びました。

気温が昼間は10度近くまで上がり、日も照ったので1歳児は40分、4歳児は1時間位、そり遊びや雪だるま⛄️作りを楽しみました。地元の子供はこの程度の雪ではスキーウエアは着ないようですが、雪や寒さに慣れていない子供達なので買ってよかったです。

全身を雪に預けてコロコロ転がったり、屋根から滴り落ちる水に打たれたりと思う存分雪を楽しみました☺️

冬の軽井沢の服装4 軽井沢アウトレット

この日は最高気温3度、最低気温-4度、晴れ。(東京は最高気温8度、最低気温4度) 軽井沢駅前のアウトレットへ遊びに行きました。

大人(女性)

極暖長袖
極暖レギンス
薄いセーター(ウール100%)
ヒートテックの靴下
スニーカー
マフラーと帽子
真冬用のコート
手袋(持参しましたが日中は暖かく必要なかったです)

*極暖の下着上下を着たので外を歩いても寒くなかったです

大人(男性)

極暖長袖
フリース
デニム(東京で通年はいているもの)
靴下
スニーカー
もこもこのジャケット(真冬ようではない)

*これで全く寒くなかったそうです

子供4歳

ヒートテック長袖2枚(少し風邪気味だったので多めに着せました)
裏起毛のフリース
裏起毛のズボン
厚手の靴下
ものもこのベスト
スニーカー
真冬用のコート(ダウン)
手袋と帽子(必要なかったです)

子供1歳

ヒートテック長袖
裏起毛のフリース
もこもこのワンピース
厚手タイツと靴下
スニーカー
真冬用のコート(ダウン)
手袋と帽子(必要なかったです)

注意点

アウトレットにも雪が残っていました。別荘地に比べると少し標高が低く日も当たる場所なので割と暖かく感じました。

クリスマス当日だったのですが、お客さんの半分以上は外国人観光客でしたね(中華系の方が多い印象でした)もしかしたらプリンスのスキー場から直行されたのかもしれませんが、スキーウェアを着ているお客さん(特に子供)が多かったです。若しくは、ズボンだけスキーウェアの大人の方もいらっしゃいました。また、我々はスニーカーでしたが、多くの方はブーツ、特に中がもこもこのUGGみたいなのを履かれていました。

まとめ

12月のクリスマス直前の軽井沢の服装をご紹介しました。

個人的には10月の秋に比べると軽井沢の寒さは厳しいですが、東京との寒暖差が少ないため身体への負担が少なくて楽ですね。10月は暖かいところから寒い所への移動でしたが、12月は寒いところから更に寒い所への移動なのであまり洋服にも困らないですしね^^

軽井沢は観光先によって標高も日の辺り具合も異なります。観光などで長時間歩くのであれば、特に高原教会などで夜のクリスマスツリーのライトアップを楽しむのであれば手袋やマフラー、帽子は必需品ですね。寒がりで冷えやすい女性の方は、ズボンの下にもヒートテックをはいておくと野外は安心ですね(逆に室内は暑いかもですが)

天気予報をよく確認し、暖かくしてお出掛けくださいね。

 

スポンサーリンク

気軽にフォローしてね

おすすめの記事