母乳の詰まり解消には漢方茶(牛蒡子・ごぼうし)がオススメ

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

 

乳腺炎や母乳の詰まり、胸のしこりや痛みって経験しないと分からない辛さがありますよね。

授乳中はオキシトシンが放出され幸福感が高まるそうですが、あの痛みが走ると幸福感にも陰りが見えてくると感じるのは私だけでしょうか。

今回は、胸のトラブルが多少あっても「大事な我が子は母乳で育てたい!授乳は諦めたくない!」お母さんにお届けする記事です。

 

母乳過多で母乳が詰まりやすかった私が2回の授乳中に継続的に飲んだ「牛蒡子という漢方茶」をご紹介します。

スポンサーリンク

牛蒡子(ごぼうし)とは

 

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。キク科ゴボウの種子を乾燥したもの。鎮痛、強壮などの作用がある。煎(せん)じて飲むと腫(は)れ物に効く

漢方の一種ですね。「煎(せん)じて飲むと腫(は)れ物に効く」とあるので乳腺炎にも効果がありそうですね。

 

私の個人的体験

私は、通っていた助産師さんに勧められ2回の母乳育児中に煎じて飲んでいましたが確かに効果があります^^

 

正直この牛蒡子の存在を知っていたので、そしてその効果を1人目の時に実感していたので、多少胸が張ったりチクチクしても怖くありませんでした。
そして、ここだけの話(師匠の助産師さんに内緒にしていましたが)チョコとかもちょこっと食べて生活に潤いを出していました 笑。

だって、自分には必要な食事制限だと理解はしていましたが、修行僧みたいで凡人の私にはちょっとキツかったので・・・(^^;)

 

実は、第二子出産後、頂き物のチョコを食べて出産直後の数日間は胸がぼこぼこになり石のようにガチガチになってしまい痛くて痛くて眠れませんでした><
旦那さんに急遽、冷凍庫に眠っていた牛蒡子を煎じて持ってきてもらい飲んだところ、翌日から痛みが治まりました
即効性もあります!!

 

スポンサーリンク

牛蒡子(ごぼうし)の煎じ方

飲み方は簡単で、15-30分ほど煎じて飲むだけです。

 ステップ1

600mlのお水に牛蒡子10-30g(大さじ1-3程度)を入れ沸騰させる。張りや痛みが強いときは大さじ3、それ以外の日は胸の調子を見ながら大さじ1-2程度煎じていました。

ステップ2

弱火にして30分ほど弱火で煮出す。表面にポコポコが数個出来る程度の火加減

ステップ3

30分後、水が2/3~1/2程度になって煮詰まれば完了

ステップ4

濾して飲みます。漢方なので食前など空腹時に飲むと更に効果あり

毎日煎じるのが大変な方は、2日分まとめて煎じて冷蔵庫保存するのがオススメ。
漢方は空腹時に温めて飲むとより効果が出やすいとされているので、飲む直前にレンチンするのがオススメですよ!
私も母乳育児中ずっとこのやり方でした^^

どこで買えるか

私は近所の漢方屋さんで購入していましたが、近所に漢方屋がある方が稀かもしれませんね。

私も帰省中などは、アマゾンのこちらの商品(1980円)を購入していました。

【第2類医薬品】高砂ゴボウシ牛蒡子・ごぼうし 500g

 

牛蒡子の評判・・・

私の個人的な経験だけでは納得頂けないかもしれないので、神奈川県横浜市の産婦人院のブログにも牛蒡子に助けられた先生のお話が掲載されていたので、シェアさせて頂きますね。

私は産後、繰り返す乳腺炎に悩まされた時にこの牛蒡子を煎じて飲み、しこりや痛みの辛さから助けられました。個人差はありますが、独特の苦みがあり慣れるまでは飲みにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
当院でも入院中に牛蒡子をお試しいただき、母乳育児を望まれているお母さんのサポートに役立てたいと考え、検討を重ねております。

まとめ

乳腺炎や母乳の詰まりに効果のあった漢方のお茶、牛蒡子(ごぼうし)の効果と飲み方をご紹介しましたが、如何でしたか。

 

母乳育児中、2割~3割のお母さんが悩まされる母乳のつまり、胸のしこりや痛み。
お母さんが辛い思いをするのは可愛い赤ちゃんも望んでいません(たぶん・・・笑)

 

牛蒡子(ごぼうし)は、個人的には母乳育児中かなりお世話になりましたし、母乳の詰まりや乳腺炎でお困りのお母さんにはお勧めです。
是非ご自分に合った解消法を見つけ、赤ちゃんとハッピーな授乳時間をお過ごし下さい^^


【第2類医薬品】高砂ゴボウシ牛蒡子・ごぼうし 500g

☆こちらの記事も参考にして下さいね

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事