女性とキャリア形成 結婚や子供の有無に関わらず働かなくてはならない時代がきた?

こんにちは。バイリンガルママのソフィアです。

一昔前までは、結婚や出産を機に退社する女性が多かった日本ですが、今では「働く女性」が一般的になり共働家庭も増えてきましたね。また、結婚を選択せず働き続ける独身女性も増えてきました。2018年の調査だと、15歳~64歳の女性の「就業率」が69.9%と過去最高となりました。

現在は、我々の親世代のような「男は外で働き、女は家庭を守る」という図が成り立たち辛い時代です。まずはその事実を踏まえて、今後女性はどのようにキャリアを形成したらよいのかを考えていきたいと思います。

「キャリア」と聞くと、大企業で働いたり、管理職を目指す女性が形成するものと思われる方がいますが、「仕事をする」女性は全員キャリアを築いています。
女性とキャリア3回シリーズ
①【女性とキャリア】人生100年時代到来!女性も働かざる負えない時代になったという事実
②【女性とキャリア】結婚・出産・子育が女性のキャリアに与える影響
③【女性とキャリア】女性のキャリア形成には資格が不可欠?資格は人生の保険?手に職をつけよう

今回の記事は、キャリア志向の女性にも、結婚して専業主婦志望の女性にも関連のある内容なので、是非多くの方に読んでほしいです。早速みていきましょう。

スポンサーリンク

人生100年時代が女性に与える影響

昨今「人生100年時代の到来」と叫ばれるようになりましたが、現在どのように将来が予測されているのか見てみましょう。

伸びる日本人の平均寿命(予測)

以下は、今後の日本人の平均寿命の推移を表した図になります。(【図解・社会】日本人の平均寿命推移(2017年7月)抜粋)

日本人の平均寿命推移

統計を取り始めた1947年は男性50.06歳、女性53.96歳だったが、医療技術の進歩や公衆衛生の向上などに伴い、右肩上がりで伸びた。今年4月公表の将来推計人口では、平均寿命のさらなる上昇が見込まれ、2065年に男性で84.95歳、女性で91.35歳に達する可能性が示された。

2065年(2020年2月現在からすると45年後)の日本人の平均寿命は男性が84.95歳、女性では91.35歳に達すると予想されました。
どうでしょう?こんなに長生きするのです。勿論元気ハツラツで老後を迎えらるのが理想です。その場合医療費などはかからないですが、生活費はどうしてもかかってきます。
逆に持病持ちの方や、病気になってしまった方は、その分医療費と生活費がかかってきます。

贅沢な生活をしなくても、生きているだけでお金がかかる時代です。その生活費を稼ぐのは・・・誰でしょうか?

年金制度が崩壊しつつある日本

現役世代1人が引退世代0.8人を養う時代??

いやいや、年金があるではないか!と思われた方もいますよね。確かに、私も年金保険料を払い続けています。しかし、最近ニュースで話題となった「老後の2000万円不足」発言があったように、そもそも日本の年金制度が今後維持できるか微妙なところに来ています。

年金制度は、労働世代が老後世代を支える制度です。この制度ができた当時は人口が増加していたので、多くの労働世代が、1人の老後世代を支えていました。しかし、これはほぼ不可能になってきています。以下はヤフーニュースの引用です。

その上で単純に人口比を計算すると、1950年時点では12.1人の現役年齢人口で1.0人の高齢者を支えていたことになる。これが2017年時点では2.2人。さらに2065年の予想人口比率では1.3人にまで減少する。大よそ4人で3人を支える計算。

つまり、2017年時点ですでに、2.2人の労働世代が、1人の老後世代を支えていますが、今から45年後の2065年には1.3人の労働世代が、1人の老後世代を支えることになります。
これが意味するところは、ざっくりいうと「愛する子供一人が、自分たち親世代0.77人を養う」という意味です。子供たちの時代は、自分を養いながら同時に親1人弱を養わないといけないことになります。
2065年の未来予想図
・もし自分たちの子供2人が女の子で働かないという選択をすると、引退後はどこか別の子供たちに養ってもらわなくてはなりません
・もし自分たちの子供が1人働く場合、親は0.8人しか養ってもらえません。引退後はやはり別の子供たちに養ってもらうことになります
・もし子供がいなければ、引退後はやはり別の子供達に養ってもらう計算になります
・もし自分たちの子供が3人いると、引退した両親2人+親以外の引退した人0.3人を養うことになります

日本の年金制度ってまずくない?将来、子供達の負担が半端ない気がするんだけど・・?

将来、子供たちの負担は今以上に大きくなります。そして、このままでは日本の年金制度は破綻しちゃわない?そのため「将来に備えて2000万円必要」という話になるんだよね
将来、子供たちが背負うこの重みが想像を絶するものです。そして、あまり現実的ではないと感じる人も多いでしょう。このまま数十年間、この年金制度を維持できると考える人は少ないですよね。

年金制度を維持する為に予想される事態

日本の年金制度を維持する為に、今後容易に予想される事態は以下の二つです。
・年金支給年齢の更なる引き上げ(75歳?80歳?)
・年金支給額の引き下げ

介護保険料の支払い年齢も早まる?

また、今では40歳から課せられる介護保険料ですが、恐らく徐々に課せられる年齢が下がってくるでしょう。もしかすると、22歳の新入社員時代から介護保険料を払う時代が来るかもしれません>< 考えるだけで恐ろしいです。

配偶者控除制度がなくなる日も来る?

更に言うと、労働世代(現役世代)を増やすために、女性の活躍がますます期待されるが、それに伴い今後「配偶者控除」の仕組みが変わることも予想されます。子供の扶養控除制度がなくなったように(児童手当がありますが)、今後「配偶者控除」がなくならないとは言い切れません。

さすがに、配偶者控除がなくなるっていうのは無いんじゃない?多くの世帯に影響があるよ・・・

子供の扶養控除制度がなくなった以上、可能性はゼロではないと思うけどな・・。ここまで少子化と高齢化が進む以上、日本国が今後、政策のかじ取りを大きく変えるという可能性も否定はできないという話です。
スポンサーリンク

終身雇用の終焉が女性に与える影響

我々の親の世代は働くお母さんはあまり一般的ではなく寿退社が一般的でした。しかし終身雇用制度が終わりを告げ、大企業に就職しても残念ながら「一生安泰」は手に入らなくなりました。これが女性に与える影響を考えてみましょう。

賃金が上がらないリスク

今の時代、先々に不安を覚えて経済的な理由からの共働きが増えています

「企業で働く男性と結婚すれば一生安泰」な昭和スタイルは令和以降では残念ながら手に入りません。しかも賃金がなかなか上がらないデフレ時代ですので、男性だけの収入に頼る生活では経済的に苦しいかもしれません。そして、女性の賃金は残念ながら男性同様、もしくはそれ以上に上がらないリスクがあります。

人生お金が全てではないですが、お金があればちょっと美味しいものを食べて、子供達によい教育環境を提供することができます

リストラ(解雇)されるリスク

もう一つ忘れてはならないの「リストラ(解雇)されるリスク」です。終身雇用の終わりとは、つまり、一生その会社では働けないという事実です。では一生その会社で働きたくても働けないのは何故か?それは、リストラ(解雇)されるからです。簡単に言えば、首になってしまうからです。

・明日、愛する旦那さんがリストラされたらどうでしょう?

・自分自身が会社からいらないと言われたらどうでしょうか?普通、ちょっと考えられませんよね?

「うちの旦那さんは仕事バリバリしてるし評価もされてるし関係ないわ」「私は毎日きちんと仕事してるし、しかも大企業だから関係ないわ」と思われましたか?

私もそう思っておりました。でもね、私は経験しております。愛する旦那さんから「首になった」という電話を受けたときの衝撃はちょっとかんたんに説明できるものではありません💦

また、自分自身が解雇されるリスクもあります。会社が倒産してしまえば、みな同様に職を失います。一部上場企業であっても、経営不振で大規模なリストラを決行されるかもしれません。今の時代、大企業だからといって一生安泰ではないのです。

旦那さんがリストラされたら女性も働かないと生活ができない

自分と自分の家族を守るために、女性も働く必要性が出てくる場合もあるという事実をまずは認識することが大切です。

 

女性自身がリストラされたら再就職して働かないと生活ができない

そして「リストラ」は何も男性ばかりが対象ではありません。女性が対象となる場合も当然あります。自分自身がリストラされてしまったら、生活のために再就職して働かないと生活はできないという事実をまずは知りましょう。

つまり既婚・独身に関わらず、終身雇用の終焉は女性の生活に大きく影響することが分かります

ストレス社会が女性に与える影響(うつ病患者数の増加)

次の章ではストレス社会が女性に与える影響を探っていきます。ここ数年で日本国内のうつ病患者数が増加しております。年々増えているのは、以下グラフからも見て取れます。(厚生労働省HPより抜粋)

精神疾患の患者数(医療機関に受診する患者の疾病別内訳

  • うつ病など:気分[感情]障害(双極性障害を含む)>>>オレンジ色

2017年(H29)で127.6万人もの人がうつ病や躁うつ病で治療を受けていることが分かります。

「うつ病」と聞いて、皆様どのような印象を持たれますか。身近にいないな・・・と思われたでしょうか。それとも「あ~、職場に、知人が、家族がうつ病になったから大変さはわかる」と思われたでしょうか。

私自身の経験

実は、私自身も仕事のストレスから、声が殆ど出せなくなった経験があります。うつ病一歩手前でした。ストレスが身体に与える影響は大きく、あの頃「人間が壊れていくってこういうことかな・・・」と感じたことを今でも覚えています。心と身体がバラバラになる感覚といえばよいでしょうか。

私は割と気丈というか気が強いほうなのです。その為、まさか自分がこのような事態になるとは信じられませんでした。あの時たまたま、自分の状態に気付いて貰えたので、少し仕事を休むことで私は重症化はしませんでしたが、あのまま頑張り続けていたら、ぽきっと心が折れてしまい、どうなっていたか分かりません💦

一番怖いのは、その状態を指摘されるまで、自分の精神状態がヤバいという事実に気が付かなかった点です

そして自分が「うつ病一歩手前」になった話をすると、「私も実は昔・・・。私の家族も実はね・・・」という話をしてくれる同僚や友人が多かったことに驚きました。

うつ病になったという事実は大きな声で言いたいものではありません。そのため、皆大声で宣伝しまわることはしませんが、実はあなたの身近な方も、もしくはその家族も苦しんだ経験を持たれているかもしれません。

 

うつ病になるとどうなるか

うつ病になるとどうなるか。どの時点で、その事実に気が付き治療を受けるかによりますが、早くて1週間、長い人は投薬を続けながら数年間仕事を休むことになります。残念ながらその間、給付金や保険金で生活費が賄える場合もありますが、賄えないケースも多いのも事実。そしてとても辛い事実ですが、復職後に解雇されるケースもあります。

更にいうと、うつ病になると通常は生命保険に入れないので、不動産(マンション・戸建てに関わらず)を購入できないというリスクがあります。

うつ病になると、ご自身や家族が苦しむだけでなく、生活設計が大きく変わってしまうのです。

今のストレス時代、うつ病は他人事ではありません。今は元気なあなた自身も、あなたの大切なご両親も、旦那さんや奥様も、子供達さえうつ病になってしまうリスクがあるという事実を知りましょう

 

女性が働かざる負えない時代になったという事実

今回は、女性とキャリアを考えるうえで大切な「環境の要素」をまず取り上げました。人生100年時代は待ったなしで到来しつつあります。この事実は変わりません。そして残念ながら少子化の傾向は止まりません。

それに比べて、終身雇用の終焉やストレス社会に関する記述は、全て可能性です。しかし誰にでも起こりえるリスクです。全てのリスクに遭遇することなく、一生を送れる人はとてもラッキーな人でしょう。しかし、そのラッキーな女性の数はどんどん減っていくものと思われます。

キャリア志向であっても無くても、結婚願望が強くても無くても、子供が欲しくても欲しくなくても、そして子供がいてもいなくても、今後起こりえるリスクをまずは知ることが重要です。

次回は、結婚・出産・子育てが女性のキャリアに与える影響を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

気軽にフォローしてね

おすすめの記事