【軽井沢】子供をABCインターナショナルスクールの一時預かりへ

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

軽井沢にはグルメやショッピング等魅力的なアクティビティが豊富にあります。
リフレッシュ目的だけでなく、結婚式や法事、仕事で滞在される方も多いですよね。

そんな時、どうしても子供を預けたい時もでてきます。

 

私も必要に駆られ、知人に聞いたり情報を集めたところ、なんと有名スーパーツルヤ軽井沢店の隣にあるabcインターナショナルスクールが、一日から預かってくれることを知りました

 

料金もインターナショナルスクールにしたらリーズナブルですし、立地もTsuruya(ツルヤ)の横なので立ち寄りやすい場所にあります。

 

今回は、そんなabcインターナショナルスクールの紹介と実際に利用した感想をまとめました。

スポンサーリンク

abcインターナショナルスクールについて

基本情報

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2703-20
電話: 0267-44-4126
※ツルヤ軽井沢店の駐車場のすぐ横の建物内にあります
公式HPはこちらから

学校紹介

オーストラリア人のご主人と、日本人の奥様が経営されているインターナショナルスクール。
二人とも、オーストラリアで10年以上にわたり教員活動をされていました。

現在は、赤ちゃんから大人まで幅広い世代への英語プログラムにとどまらず、帰国子女用クラス、一時帰国者用クラス、ビジネス英語やオンラインスクールなども提供されています。
学校内には、英語にとどまらず韓国語、中国語、フランス語講座もあり英語や外国語を通じて外国人とのコミュニケーション方法までを包括的に学ぶ場を提供することをモットーとされています。

one day programは、単なる一時預かり(一時保育)ではなく、日中のプログラムや外国人の先生とのコミュニケーションを通じて英語や国際力を学べます
夏休み中のサマープログラムは幅広い層から人気がありますが、定期的に通う地元の子供達も多くいる人気の学校です。

詳細は公式HPからどうぞ

 

料金

今回は、一時預かり(一時保育)として利用できるone day programの料金をご紹介します。

サマースクール

●入会金 一人5400円、2人以上10800円(一度入会すると、レギュラークラス、週末校、ウインター、スプリング、GWのスクールへの参加は会員料金になります)
●サマースクール一日料金(10時から15時)
会員:幼児~小学生は3,780円、中高生は4,320円
非会員一律:7,400円
10-15時のレッスンやアクティビティをすべて英語で行います。(教員免許所有のネイティブスピーカー及び日本人講師が担当)
基本料金の3,780円には10時から15時までの授業料と、ランチ代、教材費が含まれます。
英語が得意な子供も、初めての子供もみんなウェルカム!

 

レギュラークラス(サマースクール以外の時期)

●入会金 一人5400円、2人以上10800円(一度入会すると、サマースクール、週末校、ウインター、スプリング、GWのスクールへの参加は会員料金になります。)
●レギュラークラス一日料金(10時から15時)
会員:幼児~小学生まで 12,960円(4回4週) / 1回あたり 3,240円 (教材費込、ランチ込、税込)
中高生 17,280円(4回4週) / 1回当たり 4,320円 (教材費込、ランチ込、税込)

8月後半に実際に利用してみて

2018年と2019年の8月に利用しました。
今回は2019年の様子をレポートします。

予約

予約はインターネットと電話で可能ですが、私は前日に電話予約しました。
理由は、2018年に支払った入会金について確認したかったためです。
また、インターナショナルスクールなので英語に自信がないと電話するのをためらいますが、毎回日本の方が電話応対されるので安心です。

お電話で問い合わせたところ、きちんと名前が登録されており、昨年お支払いした入会金も有効だったので会員料金でOKでした。

もし、今後も軽井沢に滞在する可能性が高ければ、入会金を支払っておいた方が今後ずーっとお安く利用できるのでおススメです。
問い合わせたところ、2回以上利用するなら入会金を支払い会員になった方がお得だと学校にすすめられました。
one day programは一時預かり(一時保育)的な要素も強いですが、ABCインターナショナルスクールは小中高校生まで英語プログラムがありますし、大人になっても通うことが可能なので、我が家も長いお付き合いを考えて入会金を払い会員になりました

当日の持ち物

水筒(中身は自由)と帽子(外出用)の2つです。

昨年は、念のためお漏らしをした時のために着替えやオムツを持たせましたが今年はお漏らしの心配はないので、持たせませんでした。
ちなみに、水筒はなかったので、ペットボトルの水に記名して持たせました。

当日預けるまで

基本料金の3,780円には10時から15時までの授業料と、ランチ代、教材費が含まれています。

まだまだ8月は18号が混む時期なので早めに家を出た所、9時半頃ついてしまいました。
Tsuruya(ツルヤ)さんで時間をつぶして9:50にABCインターナショナルスクールへ到着。

既に多くの子供たちが遊んでいました。
お支払いをして、子供を預けて外へ。
嫌がることもなく、先生に促させるまま教室の中へ入っていきました。

当日のプログラム

☆☆ここからは子供の報告に基づき記載するので、実際と多少時間や順番、内容が異なるかもしれませんがご了承くださいませ・・・☆☆

当日の参加人数は10名。

10時過ぎ:英語のレッスン(挨拶をし歌ったり動画を見たり、アルファベットの練習をしたり。アルファベットの小さな本を作ったようです)

11時頃:公園へ(隣が湯川公園なので、天気が許せば高い確率でお散歩に行くようです)
遊具で遊び、cat and mouse gameをして、手をつないで学校へ戻りました。

12時半頃ぎ:ランチ(各自サンドイッチを作り食べました。ジャムやチーズ、ハムが置いてあり好きな具材を挟む形式)
我が子は、イチゴジャム、ブルーベリージャムとパイナップルジャムのサンドイッチを3つ作って食べたそうです。

13時過ぎ:お昼寝(?? 寝たこと寝なかった子がいたようです・・)

お迎えの時間まで本を読んだり室内で過ごしました

15時:お迎え
※子供の話によると、15時以降も預けられている子が半数位いたようです
※※また、当日は日本語の先生と英語の先生が各1人ずつ。先生方は英語を話していたけど、子供同士は日本語だった模様

お迎え後

お迎え時、元気に笑顔で迎えてくれました。
行く前から楽しみにしていたので余り心配はしていなかったのですが、やはり子供の笑顔を見るとホッとします。

その後は、学校で何をしたのかおしゃべりしながらTsuruya(ツルヤ)さんで「今日は頑張りました」のお菓子(アンパンマンのラムネ)や買い物を済ませて帰宅。

やはり慣れない環境で疲れたんでしょうね。その後2時間ほどお昼寝をしました^^

スポンサーリンク

利用した感想

毎回、前日や前々日に電話予約をするのですが大抵受け入れてくれます。

サマースクール期間は数回遠足があり、毎年とても人気なのでその日に重なると直前の予約は厳しいですが、遠足の日を避ければ割と余裕がある印象を受けます。

本人も軽井沢は大好きとはいえ、東京で通っている保育園のお友達には会えないし、同じ年齢のお友達もいないので滞在が長くなると退屈してくるんでしょうね。
久し振りに同じ年齢のお友達と遊べて、そして英語環境に身を置き刺激を受け楽しんできた様子です。

我が子には一応バイリンガル教育をしているので気分が乗ると英語をしゃべるのですが、今回もABCインターナショナルスクールのone day program(一時預かり・一時保育)後には、英語で話すブームが来たようです笑

子供の学校での様子が書かれたデイリーレポートも渡されますし、レッスンやアクティビティで練習した英語や作ったもの(今回は本)も持ち帰ってくるので、どんな様子で子供が過ごしたのかもわかります。

何より、子供を預かってくれた上に英語の刺激を受けてくるので、今回も預けて良かったな・・と感じています。

お部屋自体はマンションの一室を利用しているのでそこまで広くはないですが、その分お天気が良ければ公園までお散歩にも行ってくれるので、子供にとっても参加して良かったです。
(うちにいると、どうしても車移動が増えてあまり体を動かさないので子供はエネルギーが余っているんですよね・・)

まとめ

ツルヤ軽井沢店の横にあるABCインターナショナルスクールのone day program(一時預かり・一時保育)を利用した感想をまとめましたが、いかがでしたか。

軽井沢滞在中に、子供を一時預かりしてもらった上に、プチ留学もさせてあげれるなんて一石二鳥ですよね。

18号線沿いのツルヤ軽井沢店の横と、軽井沢滞在中に多くの方が一度は立ち寄るスポットにあるので利用しやすいと感じました。

軽井沢で子供を預かってもらいたい時、もしくは、英語を習わせたり触れさせたい時に是非利用してみて下さいね。

 

☆こちらの記事も人気です☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事