【おうち英語】英語絵本がおすすめ★大人も子供もメリットが沢山★

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

おうち英語をするにあたっての心構えや始め方、大人の発音は余り気にしなくて良い理由などをご紹介してきました。
>>【おうち英語の始め方】英語が出来なくても大丈夫!コツを覚えて今日からスタート!
>>【おうち英語の始め方】大人の英語の発音が悪くても大丈夫なの?

今回は、おうち英語には欠かせない存在の「英語絵本」を取り入れるメリットをご説明します。是非少しずつでも「おうち英語」の幅を広げていって下さいね。

スポンサーリンク

英語絵本のメリット

1.生きた英語に触れられる

英語絵本をおうち英語に取り入れる一番大きなメリットは、生の英語に触れられることです。英語絵本は英語を母国語とする作家に書かれていることが多いので、生きた英語の宝庫なのです。

例えば、ネイティブがよく使うdareという単語をイマイチ理解出来ないな・・なんて感じたことはありませんか。学校では「dare=敢えて~する」と習いますが、これを英会話でサラッと使いこなすのは英語上級者です。

しかし子供達は絵本に出てきた表現をそのまま覚えるので、簡単にマスターしてしまいます。>>絵本で英語(単語帳付)⑤Spooky Old Tree ☆dareの使い方をマスターしよう!

このように小さい頃か絵本で英語に慣れ親しむと、子供はよりネイティブに近い英語表現を使いこなせるようになります

 

2.海外文化を自然に学べる

英語絵本を使うメリットのもう一つのメリットは海外文化をイラストで学べる点です。

例えば、mistletoe(ヤドリギ)をご存じですか。良く映画などでクリスマスパーティで壁に掛かった枝の下で恋人達がキスしてますね。若しくはクリスマスの時期に赤と白のしましまの杖の形をしたお菓子の名前をご存じですか。(candy caneといいます)

別に知らなくても毎日の生活に支障はないのは事実ですが、英語絵本に慣れ親しんでいると子供達は自然と覚えていきます。そして、将来、英語の映画や歌を聴いたときに違和感なくその意味を理解出来るようになります

>>mistletoe>>絵本で英語(単語帳付)⑲ Clifford's Christmas ☆赤色とわんちゃんが好きなお子様に是非!
>>candy cane>>絵本で英語(単語帳付)⑱Where is Baby's Christmas Present? ☆プレゼントを一緒に探そう

 

3.他の英語教材より比較的安い

英語教材は色々ありますが多くの場合安くありません。「我が家は絶対に子供をバイリンガルにするんだ!」と意思が固いご家庭は別として、気軽に払える金額では無いことも多いですよね。

英語絵本は一冊500円~1000円と比較的安価です。そして図書館でも借りることが出来ます。その為、お財布に優しいのが嬉しいですね。

4.おうち英語の幅が広がる

おうち英語では、インプットとしてCDの掛け流しやDVDや動画を見せる方法をご紹介しています。またインプットとアウトプット方法として、英語での語りかけもオススメしています。しかしそれだけで効果が出るのか不安な方もいるかもしれません。

そんな時、英語絵本を問い入れるとおうち英語の幅が広がります。絵本はイラスト付なので子供が興味を持ってくれる可能性も高く、大人も楽しめるので一石二鳥ですね。

5.大人の負担が減る

おうち英語は、お金を掛けずに気軽に始められるのがメリットですがその分挫折しやすいのがデメリットです。特に親自身が英語を得意としていないと、英語での話しかけを負担に思い辞めてしまうケースも多いようです。

そんな時「毎晩寝る前に英語絵本を一冊読む」「お昼寝の前に一冊読む」等と決めてしまえば、後は実行するだけ。おうち英語を続かせるコツは、毎日のルーティンにのせてしまい親が負担に思わないことです。

子供達は好きな絵本が読んで貰えて嬉しい、単語力も増える、海外文化にも触れられてハッピー♡
大人は「おうち英語を頑張らなくては!」と気合いを入れずに負担を軽減できてハッピー♡

 

英語絵本の選び方

英語絵本のメリットが分かったところで、英語絵本の選び方のポイントをいくつかご紹介します。

英語力にあった絵本を選ぶ

日本語の本でも同じ事が言えますが、例えば3歳児に小学生が読むような絵本を渡しても難しすぎて理解が出来ず興味が持てません。母国語とは言え3歳児には使われている日本語が難しい上に文字数が多いからです。

英語の絵本も同様で、子供の英語力にあった絵本を選ぶことが大切です。子供の英語力より「少し簡単な絵本」はリラックスして英語を理解出来るので子供の自信に繋がりますし、「少し難しい絵本」は子供に刺激を与えるのでバランス良く取り混ぜると良いですね。

月齢・年齢にあった絵本を選ぶ

英語力に合った絵本を選ぶのも大切ですが、月齢や年齢にあった内容も大切です。子供は発育の過程で興味を持つ対象が異なります。これは「人」という動物の成長過程に関わるので国籍や言語は関係ありません。

例えば、ある時期子供は「おしっこ、う〇ち、おしり」などの単語が大好きになります(これを取り入れた💩ドリルが一時流行りましたよね)。しかしこの特別な時期が過ぎると全く興味を持たなくなります。

これは極端な例ですが、要は月齢・年齢にあった絵本は子供の興味に即して作られていることが多いので考慮することが大切です。

 

子供の好きな分野の絵本を選ぶ

まだ月齢が低い赤ちゃんにもはっきりとした好みがあります。子供が成長して幼稚園に通う頃になると、更にその好みが顕著に表れてきます。

時に「親が子供に読んで欲しい本」と「子供が読みたい本」は異なります。そんな時は、両方をバランス良く取り入れると良いですね。しかし、余りに子供が「親が読んで欲しい絵本」に興味を示さなければ子供が読みたいジャンルの本を渡してOKです。

何故なら英語絵本を読む目的は「学習能力や今後役立つ知識を深める」ことではなく、飽くまでも英語絵本を通じて英語に触れる機会を増やし、出来れば英語好きになって欲しいからです。

我が家の例をとると、第一子は一時ディズニープリンセスとピンク一色でした。私個人としてはもう少し別の角度から絵本を取り入れたかったのですが、別の絵本を渡しても全く興味を持ちません。

悩んでいたところ、ディズニープリンセスでは無いですがアメリカで大人気のPinkaliciousシリーズの存在を知りました。ピンクが大好きな少女が主人公で、4-8歳くらいの女子が好きそうなアイテムが数多く取り入れられています。この絵本シリーズを試しに渡したところ、外出時はいつも数冊本を持ち歩くようになりました^^ 季節のイベント関連の絵本も多いので気に入っています♡

「英語で絵本シリーズ」を参考にする

当ブログにも絵本で英語(単語帳付き)シリーズがあります。2019年11月現在 21冊ご紹介しております。(今後更に増える予定です♡)

英語で絵本シリーズの特徴
1.絵本で使われる英単語を丁寧に解説
2.紛らわしい英語表現の比較と解説
3.英語表現やイラストの文化的背景の説明
4.Twitterでは読み聞かせサンプル動画も配信中(著作権の関係で数ページご紹介する程度です(_ _)

実は簡単な英語の絵本でも、ちょっと気を配れば大人も学べる英語表現や異文化の気づきが沢山ありますので是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

英語絵本の読み聞かせ方法

大人の発音は余り気にしない

英語の読み聞かせをする際に一番気になるのは大人自身の英語の発音では無いでしょうか。そちらは余り気にする必要が無いというのが私個人のスタンスです。
詳細はこちらの記事でどうぞ>>>【おうち英語の始め方】大人の英語の発音が悪くても大丈夫なの? 

Youtubeを利用する

英語の発音は気にしなくても良いとは言えど、言語に関わらずそもそも読み聞かせ自体が得意で無い方もいらっしゃいます。

実はネット上には(主にYoutube)多くの読み聞かせ動画がアップされています。(著作権の関係はちょっと微妙なのですが)ネイティブが読み聞かせをしている絵本も多いので、これらを使うのも一つの手ですね。一緒に絵本のページをめくりながらYoutubeの読み聞かせの音声を利用すれば、自然な英語に気軽に触れられます。

 

まとめ

おうち英語に英語絵本を取り入れるメリットをご紹介しました。

英語絵本は種類が豊富です。英語力や月齢を考えすぎて始められないのは本末転倒なので、イラストが可愛くて気になる絵本から取り入れてみるのも手ですね。もしお子さんが既に好きな絵本シリーズがあるのであれば、その英語絵本から読んでみるのもオススメですよ。

是非、お子様と楽しい英語絵本時間をお過ごし下さい^^

 

★英語で絵本シリーズ一覧はこちらから

★おうち英語に関する記事はこちらから

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事