killing time

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

切迫早産になると、その程度によって自宅安静→絶対安静→入院となりますよね。

私は2人の子供を妊娠中、子宮頸管の長さが常にぎりぎり3cm未満2cm以上だったため、両方とも自宅安静でした。

上の子の時は、絶対安静。トイレと食事以外はベッドの上で過ごし、家事は90%外注しました。
下の子の時は、自宅安静。周囲の助けを借りながら、上の子の送迎や家事を外注し何とか乗り越えました。

今振り返ると、合計7ヶ月間も自宅の中にこもり、安静に過ごしていたことになります。

 

今回は、私が実際に「暇つぶし」をした方法をご紹介します。
最後には、実際にはしなかったけれども、こういう過ごし方もあったな・・・というのも合わせてまとめました。

スポンサーリンク

見る

テレビ

一般的な暇つぶし方法ですね。ソファの上にごろごろ寝そべって、テレビを見ていました。
お昼のヒルナンデスや、前後の2時間サスペンスドラマを見ていましたが、毎日同じような番組だと飽きてきます。
そこで、動画配信サービスを試してみました。

Hulu

一時流行ったGossip Girlというニューヨーク アッパーイースト地区のセレブな高校生のドラマが見たくて、実は妊娠前に登録していました。
無料体験期間の2週間に全部見るつもりだったのですがフルタイム勤務の自分にそんな自由時間は当然なく、月933円(税抜)の会費を支払って視聴していました。
Gossip Girlを見終わった後は休会にして会費の支払いを停止していたのを、第一子の切迫早産中に支払いを再開し、数ヶ月毎日Huluのお世話になりました。

 

Amazonプライムビデオ

こちらは、第二子の切迫早産中にお世話になったサービスです。
第一子出産後にアマゾンFamily会員となり、現在に至ります。
2019年4月から年会費も月会費も値上がりして、それぞれ年4900円(税込)と月500円(税込)になりました。
一ヶ月の無料体験期間があるので、その期間だけ動画を見まくる!という選択肢もありますね。

Amazonプライムビデオの詳細はこちらから

Tsutaya オンライン動画配信

こちらも第二子の切迫早産中にお世話になりました。
いくつかコースが選べますが、特にこだわりがなければ一番お安いオンライン動画配信933円(税抜)がお勧めです。

私は、ピンポイントで見たい動画が、Tsutayaでしか配信されていなかったので、1ヵ月の無料期間だけ利用させていただきました。
(韓流スターのチ・チャンウクの「怪しいパートナー」です。切迫早産中は気分も落ち込みがちですが、そんなあなたにこのラブコメかなりお勧めです♡)

Netflix

こちらも、第二子の切迫早産中にお世話になりました。
私は、ピンポイントで見たかった「フラーハウス」というアメリカのTVドラマがNetflixでしか配信されていなかったので、1ヵ月の無料期間だけ利用させていただきました。
(すっかり有名人になってしまった双子のオルセン姉妹が子供時代に出演していた「フルハウス」という
20年程前のアメリカのTVドラマの続編です。わかりやすい英語なので、英語の勉強にもお勧めですよ♡)
料金プランは3つで、月会費650円(税抜)・950円(税抜)・1450円(税抜)とあります。
それぞれ視聴可能な台数が、1台・2台・4台
です。

U-NEXT

私は実際には試したことはないのですが、こちらも人気の動画配信サービスです。
無料視聴期間31日間、月会費1990円(税抜き)と一番お高いですが、1200円分のポイントが付くので、その分有料動画を見ることが出来ます
また、雑誌も読み放題なので、トータルサービスとして考えるとお買い得かもしれませんね。

「見る」のまとめ

多くの動画配信サービスを利用してきた私ですが、結論から言うと、どこを選んでも十分楽しめると思います。
ですが、何に重点を置くかで選ぶサービスが異なってきます。

  • とにかくお金をかけたくない方→全ての無料視聴期間を使えば、4ヶ月半視聴可能なので、十分「暇つぶし」になりますね。
  • 見たい動画が決まっている方→見たい動画を配信しているサービス会社に登録するのが良いですね。
  • 何度も登録が面倒くさい方→とりあえずAmazonプライムビデオに登録。
    Amazonプライム会員になると、プライムビデオだけでなく、プライムミュージック、プライムリーディング、配達無料などのプライム特権全てを享受できるので、
    個人的にはお勧めです。1ヵ月の無料期間後もAmazonサービスが気に入れば、月会費が500円か年会費4900円で継続することも可能なので、トータルで考えると一番お得な印象を持ちます。

私も、第一子出産後からずっとAmazon会員です。
オムツやおしり拭きも常に15%オフだし、子供の動画も無料なので便利です^^

読む

本を読む

自分の本棚の本を気の向くままに読み返してみました。
久々に読む本もあり、新たな発見もありましたが、やはり時間がほぼ無限にあるので自宅の本だけだと限界があります。

Amazonプライムリーディング

こちらは、アマゾンプライム会員が追加料金なしで本を読めるサービスです。
ややこしいのが、プライムリーディングとKindle Unlimitedという2つのサービスがあることです。
Kindle Unlimitedは月額980円で和書12万冊と洋書120万冊が読み放題。
その中の一部数百冊が読み放題になるのがプライムリーディングです。

こちらは、第二子の切迫早産中にお世話になりました。
しかも、私はKindle Unlimitedの1ヵ月無料体験中に多くの本や漫画を堪能しました。(その後解約。笑)

Kindle Unlimitedの詳細はこちらから

本を買う

第2子の切迫早産中にはまったシリーズは、無料では読めなかったので、普通にアマゾンで購入しました。

スポンサーリンク

聴く

お気に入りの音楽を、自分のCDやAmazonプライムミュージックでかけていました。

Amazonプライム会員になると、動画配信や本だけでなく音楽も聴けるので、便利です。
別に買うまでじゃないけど、ちょっと聴きたいな~という音楽が結構多い 笑。
Amazonプライムミュージック

 

書く

日記を書く

昔からの習慣で、毎日日記を書いていました。
その時に、見た動画や感想、読んだ本のタイトルと感想、心の日記などです。
今読み返すと、「あ~、当時こんな気持ちだったんだな~」と思い出し懐かしいだけでなく、初心に返れます。
子供がイヤイヤ期で大変になったときなどに読み返してみると、心がほっこりします。

買う

子供服や育児用品をネットで買う

自宅安静中だと、中々実店舗に行けないのが悩みでした。
特に初めての子の時は、出来ればいろいろお店で実際にモノを触って確かめてから購入したかったのですが、それも出来ず、仕方がないのでひたすらネットで出産準備をしていました。

学ぶ

切迫早産中はずっと横になっているので時間が余りますよね。
実は第二子の切迫早産中は、第一子時の過ごし方を教訓に「受動的な時間では無く、能動的に生産的な時間」を過ごそうと決心しました。

 

その為、当時私がはまっていたモンテッソーリ教育に関する本を読み漁り、それでは飽き足らずモンテッソーリの教員資格まで取りました笑。
(参考までにモンテッソーリ教育のリンクはこちらです→NAMC)

 

一時は根を詰めて勉強しすぎて頭痛がしたり上の子の面倒が億劫になるなどの場面もあり反省していますが><、子育てに関して多くのことを学ぶことが出来たので有効な時間の使い方だったと振り返って感じます。

(しかし、これは第二子の切迫早産中と2回目だったので自分の中に多少余裕があったから可能だったのかも知れませんね・・・不安が多い方はリラックスして過ごした方が良いかもしれませんね・・・)

切迫早産になる方の中には、普段仕事等で忙しくて自分の思うように時間が取れない方もいますよね。
もしかしたら、この時間を有効に使っていつもは出来ないことをしてみたら??という神様からの贈り物かもしれませんよ!(ちょっと都合が良い解釈でしょうか・・苦笑)

→スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

他にこんな選択肢もあったな・・・

作る

これから生まれてくる赤ちゃんのことを想い、チクチクと産着などを作られる方もいるようですね。
私も図書館で本は借りてみたのですが、結局実行できませんでした・・。手芸好きの方は是非お試し下さい。

ゲームをする

私はゲームをしないのですが、フォローしているブロガーさんは、「ゲームをしているときは無心になれる」と書かれていて、結構気分転換になるようです。

稼ぐ

これは、トライしてみたかったことの一つです。
Coconaraなら、イラスト、記事作成、占い、手作りグッズや英語翻訳などで、自分の知識と経験を生かしてちょこっと稼げる時代のようです。
驚いたのには「恋愛相談にのります」というものまでありました!う~ん、やってみたいかも😊


まとめ

いかがでしたか。

切迫早産中は、「寝るのが仕事」と言われるくらい安静にしている必要があります。
動きたいのに動けないので、結構気が滅入ってくる時もありますよね。

一つでもご自分に合った気分転換方法を見つけて、心安らかに安静期を乗り越えられますように!
きっと、出産後は赤ちゃんのお世話に追われるので、「あの暇な時間は贅沢だったわ~」と懐かしくなりますよ^^

オススメの動画と本の一覧はこちらにまとめています
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事