福寿来 お茶

こんにちは。バイリンガルママのソフィアです。

今回は、私が妊娠中に飲んだ福寿来というお茶をご紹介します。

実は、通院していた助産師さんに勧められて飲んだのですが、便秘に驚きの効果がありました(笑)

早速ご紹介します。

スポンサーリンク

福寿来は妊娠中も飲める?

結論から先に言うと私は妊娠中に飲みました

妊娠中に通院していた鍼灸院の先生である助産師さんが治療後に福寿来のお茶を入れてくれたのが福寿来を知ったきっかけでした。

妊娠中だったので、信頼する先生とはいえ一応「福寿来は妊娠中も飲めるんですか」と聞いたところ「38種の薬草なので問題ない」との回答でした。

福寿来の基本情報

福寿来とは

・沖縄長生薬草の健康茶

・沖縄県産を中心に38種もの薬草、野草を美味しく配合

・カルシウムやビタミン、アミノ酸たっぷりなのにカロリーほぼゼロ

・25年のロングセラー!口コミで57万個売れている隠れた人気商品

福寿来の成分38種

福寿来 成分表

福寿来の公式ホームページQ&A

Q:妊娠中、授乳中に飲んでも大丈夫ですか?

A:妊娠中や授乳中は非常にデリケートな時期です。妊娠中や授乳中にお召し上がりいただいても結構です。ただし授乳中は赤ちゃんにとっても大切な時期ですので、心配な方は婦人科などの専門医にご相談ください

私の助産師の先生は【天然由来だから妊娠中や授乳中も大丈夫。赤ちゃんも飲めるわよ】と言われていましたが、体質や持病も一人一人異なるため、必ずご自身で婦人科や小児科の先生にご確認くださいね

福寿来の口コミ:実際に飲んでみて

飲み方

1~1.5リットルのお湯でティーバック(orバラ売りの福寿来のお茶葉)を3~5分煮出すだけです

麦茶などと一緒なので手間はさほどかかりません。

私は、ティーポットで紅茶のように福寿来のお茶葉を入れて、5分ほど蒸して飲みました

福寿茶の香りや色は

福寿来 お茶の口コミ

福寿茶の香りは、暖かいとやはり通常のお茶に比べると少し薬草の香りはします。しかしそこまできつくないので私個人は問題なく飲めるレベルでした。

しかし、冷めるとあら不思議!何故か薬草の香りが大分和らぎ、かなり飲みやすくなります。

また、色は写真でもわかるように麦茶やほうじ茶と同じです。

私は授乳中は乳腺炎予防のために【ごぼうし】という漢方を飲んでいました。それに比べれば福寿来の香りはむしろ香ばしいくらいです笑

便秘にどう効いたのか

ここからは、私が妊娠中に飲んだ時のお話をさせていただきますね。

妊娠中に通っていた鍼灸院の先生は助産師でもありました。その先生から少し分けていただき自宅で飲んだ時のことです。

私はあえて時間のかかる煮出しはせずに、ティーポットに福寿来を一袋入れて紅茶のように飲みました。

すると、福寿来を飲んでから30分経過すると無性にトイレに行きたくなったのです。

そして数回トイレに駆け込むうちに、かなり便が緩くなり最後はなんと下痢になってしまったのです!

 

その後も何度かトイレに駆け込み収まりましたが物凄い効果でした💦

後から助産師の先生に貰った福寿来の説明書きをよく読むと【1~1.5リットルに福寿来を一袋入れて煮出してください】と記載されていたました💦

それを読まずにティーポットで0.5リットルのお湯に福寿来を一袋入れたため、指定の2倍の濃さで飲んでしまったのです💦

 

しかし、その効果はかなり強力でした・・

 

更に説明書きをよく読むと【お腹がゆるくなることがあります】との注意書きが!

 

38種の薬草やアミノ酸豊富なお茶ということで、一般的には【美肌効果、利尿効果、デトックスなどの代謝を高めるため、感染症予防、免疫力アップ】などが効能として語られているようです。

が、私自身が感じたのは【便秘解消に超有効】という点でした(笑)

勿論、便秘への個人差があると思います!私のように2倍の濃さで飲む人はあまりいないでしょうしね・・苦笑

 

便秘に効果があるとされる薬草

不思議に思ったので、福寿来の38種ブレンドされている薬草のうち、効能に便秘と記載があるものを書き出してみたところ3つありました↓

便秘に効果があるとされる薬草
ケール・キタチアロエ・ラフマヨウ
スポンサーリンク

まとめ【福寿来の口コミ】妊娠中も飲める?

妊娠中に飲んだ福寿来という健康茶についてご紹介しました。
私の便秘には協力に効きすぎたのでいつもはオートミールを食べて妊娠中の便秘は乗り切りました。
勿論、個人の体質はそれぞれ異なるので皆に効果があるとは限りませんが、妊娠中にお薬はなるべく飲みたくないという方が多いのも事実。
妊娠中の便秘に悩まれている方はこちらもチェックしてみて下さい^^

何かあってからでは遅いので、必ずご自身の婦人科の先生に【飲んでもよいか】聞いてみて下さいね
★助産師の先生が登場する記事はこちらが人気★
スポンサーリンク

気軽にフォローしてね

おすすめの記事