salvatore

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

 

私は、PIZZA Salvatoreが大好きで10年にわたり愛用中です。

 

毎週のように通うときもあれば、月1回程度の利用の時もありますが、10年にわたりあの有名なマルゲリータピザを食べているわけです。
個人的な好みですが、あのピザにかなうマルゲリータは今のところありません。

スポンサーリンク

ワインクラブ

そんな私ですが、最近「ワインクラブ」なるものに入会しました。

と言っても、別に有料会員ではなく、無料で登録可能です。

この特権の大きいところは、「いつでもボトルワインが10%オフ」なところ。

しかしお酒はたしなむ程度なので、ボトルワインを注文するのは、特別な日だけです。

その為、今まで登録もせずスルーしていたのですが、

なんと、もう一つの特権があったのです!!!!!

プレミアムクーポン

その名も、プレミアムクーポン
内容は毎月変更します。

7月のクーポン内容

①グラスワイン&サングリア60分飲み放題 980円!
②お好きなグラスワインまたはワインカクテル 1杯無料
(①は毎月変更しますが、②は同じ内容のようです)

特に、②は魅力的ではないですか???

 

どのくらいお得?

一杯 平均500~600円で計算します。

①60分でワインとサングリアが飲み放題です。
これは、お酒が好きな方や、大人数の飲み会に大活躍してくれますね。
ざっくり、3杯以上飲むなら、こちらがお得です。

あとは、どれだけ飲むかによってお得な金額は変わりますね!

 

②クーポン画面一つに対して、大人2名まで利用可能 つまり2杯まで無料。

カップルや夫婦で両方登録すれば、クーポン画面が2つつまり4杯まで無料。

平均1杯 500~600円のため、4杯だと2000円強です。

 

使えるメニューは?

ワインクラブのクーポンなので、子供のジュースには使えませんし、ビールにも使えません。
しかし、グラスワインのメニューからなら大抵出してもらえますし、サングリアも大丈夫なところが多いです。

我が家では、毎回2千円強の出費が抑えられるので、かなり気分が良いです♬

その分デザートを食べたり、一品増やしたり、貯金に回してます。

今まで出費を押さえるため、飲み物はお水だった方も、
お得にワインが飲めますよ♬

お酒が弱い方は、「限りなく薄いワインカクテルで!」と注文すればOKです!

クーポンの使い方

登録

こちらのアドレスに空メールを送るだけです  wine@salvatore.jp

メールが届くので、必要情報を入力し会員登録が終了すると、次のタイトルのメールが届きます。

メールタイトル:SALVATORE CUOMO WINE CLUB会員登録が完了しました。

 

お店で当該メールを開きます

  1. メールタイトル:ワインクラブニュースVol.XXX サルヴァトーレ
    以下のような内容画面になります。

 2. プレミアムクーポンをクリック。

3. ログイン画面に、メルアドとパスワードを入力すると、
こちらの画面(↓)になるので、お店の人に見せて使用しましょう!

ワインクラブの詳細

●詳細はこちらから検索

 

●行ったこと無いけど、試したくなった方はこちらから近くの店舗を検索ください。

 

スポンサーリンク

クーポンを使うのは恥ずかしい?

 

私も若かりし時は、クーポンを使うのが恥ずかしい、格好悪い、貧乏くさいと思われないかな?と心配で、中々使えないときがありました。

実際、使ってみるとお得感があって嬉しいですし、お店の方に嫌な顔をされたことはないのですが、ママ友との初ランチや初デートの時など使い辛い場合もあるかもしれません。

男性なら、「格好いいところを見せたい!」かもしれませんよね。

なんとなくクーポンが使い辛い時は・・・

1.潔く使わない!

2.相手には伝えないで、こっそりお店の人にスマホの画面を見せる。

3.お店のテーブルに置いてあるラミネート加工された「ワインクラブ登録の案内」を初めて見たような顔をして、

  「お得らしいよ。登録してみない?」と相手に言ってみて反応を見てみる。

 

まとめ

いかがでしたか?
あまりサルバトーレのワインクラブのプレミアムクーポンは知られていないので、この機会に是非ご利用ください。

チリツモとは正にこのこと!!

お金は賢く使っていきたいですね^^

余談ですが、タイトルにある10万円以上の算出根拠はこちら。

我が家は、少なく見積もっても平均2ヵ月に1回利用と考え、年6回利用。

年6回×10年間で、合計60回。

60回×2000円で、120,000円。。。。何気に大きいですね、この金額。とほほ。。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事