英語のワークブック 幼児や小学生向け Big Workbook Kindergarten

こんにちは。バイリンガルママのソフィアです。

今回は、英語のワークブック”BIG Workbook : Kindergarten!"をご紹介します。

対象年齢は5~6歳(年中~年長)

本国アメリカでもベストセラーの大定番アメリカの幼児知育で利用されている一冊になります。

 

さっそく、内容をチャプター別に写真付きで解説しますね。

英語のワークブック BIG Workbookは幼児や小学生向け

こちらは英語を学習するためのワークブックではなく、英語ネイティブのアメリカ人家庭が自宅で幼児知育をする際につかう一冊です。

そのため、ポピーやこどもチャレンジのワークブックと構成がよく似ており、日本人の子供も扱いやすい教材です。

Fun with Letters(アルファベット)

この章では、アルファベットを学びます。日本の子供がひらがなを学ぶように、ネイティブの子供達もアルファベットを学びます。

「あ」を習うとき「あ」から始まる単語を一緒に教えるように、英語でも”A"を習う際は”A"から始まる単語を習い、”A"のイメージをつかんでいきます。

文字に色を塗るあたりは、どこの国でも同じですね♪

英語のワークブックBIG Workbook VZのページ

また、ひらがなをなぞって覚えるように、アルファベットも謎って覚えていきます。

英語のワークブックBIG Workbook アルファベットを学ぶ

Shapes and Colors(色と形)

この章では、基本的な色と形の名前を手を動かしながら覚えていきます。

点つなぎをしたり、様々な絵の中にある形を見つけ出す練習問題がたくさん含まれています。

英語のワークブックBIG Workbook 形と色

Fun with the Numbers++(かず)

この章では、数字とかずを学びます。

こちらも日本の幼児教材と同様、それぞれの数をまず学びます。数字をなぞり、絵の数を数えたり塗り絵をして手を動かしながら覚えていきます。

一通りの数字を学んだあとは、数字同士の大小や数字の並びを遊びながら学べる構成になっています。

英語のワークブックBig Workbook 数

英語のワークブックBIG Workbook かず

日本だと〇を書くことが多いですが、海外では Xや✓を使うことが多いです。

ちょっとした文化の違いを学べるのも海外の教材を使うメリットだね

 

また「算数」の要素も多く取り入れられています。簡単な足し算と引き算はカバーされていますね。

英語のワークブックBIG Workbook 足し算引き算

時計を読む練習も勿論入っていますよ!

英語のワークブックBIG Workbook 時計

他にも、お金(コイン)を数える練習問題もあります。

勿論アメリカのお金を使っているので、子供達と海外(アメリカ)と日本の違いについて話す良い機会になりますね。

1セントはpenny、5セントはnickelという名称がついているのも、日本とは異なります。子供と話し合う良い機会になります

Reading Readiness(よむ練習)

この章では、読む練習をしてきます。

第一章のアルファベットでは主に文字を学びました。日本語でいうところの「ひらがな」ですね。

それに対しこの章では少し進み、簡単な分を読むイメージです。例えば「ねこと きつねの ふねの たび」(ポピーあかどりから)など。

また、bat&hatなどの韻を踏んだ単語を学んだり、反対語も紹介されています。

英語のワークブックBIG Workbook 読む練習

本の最後まで進むと、簡単な文章を読む練習も入ってきます。

例えば、I can run. I can jumpなどです。

(参考)ソフィア家の取り入れ方

我が家では、4歳の年中さんが使用しているワークブックです。

 

◎ポピーやこどもチャレンジの問題になれているのでワーク自体には抵抗がない。

◎おうち英語も実践しているので英語にも抵抗がない

 

そこで、最近取り入れ始めたのがこちらのBig Kindergartenです。

Preschoolは対象が3~5歳とあり、中身も割と簡単そうだったのでKindergartenを選びました。

おうち英語や知育への取り入れ方

1.フォニックスの練習後に対象のアルファベットのページで遊びます。

2.ポピーなどの日本語のワーク終了後に、同じような内容のページをBig Workbookで探し子供にオファーしてみます↓

英語のワークブックBIG Workbook ポピーと比較

上がポピーあかどり、下がBig Workbookです。

かずを数えるワークをしたので、同じようなページを英語ですることでより知識が定着する(はず!)笑

アリが登場したので、最近フォニックスで教えたANT(蟻)の読み方の復習も即興で入れました♪

英語のワークブックBIG Workbookを使ってみよう

英語のワークブックBig Workbook :Kindergartenをご紹介しました。

全部で320ページもあるのでかなりお得ですね。

320ページで2000円しないんだから、日本の教材よりかなりリーズナブルだね♪

 

海外のワークブックをおうち英語や幼児知育に取り入れるメリットは3つ

  1. カラフルで楽しい
  2. 海外文化も学べる
  3. 英語の語彙も増える

     

    そのため、おうち英語を実践されているご家庭では特に取り入れてほしい一冊です。

    勿論、幼児期は聞いて話せるようになるのが一番大切ですが、英語を書いたり読めるようになると英語の定着に繋がります。

    価格は時期により異なりますが、アマゾンの方が楽天より安い傾向にあります。両方チェックしてね!

     

    ◎小さなお子様や、英語に慣れ親しんでいるお子様にはPreschoolがおすすめです♪

    ◎ナショナルジオグラフィックの英語教材”Our World”を無料で貰う方法はこちらでご紹介

     

    ◎英語ワークだけでは、英語話せるようにならないので、我が家はオンライン英会話を併用してます^^

    >>【グローバルステップアカデミー口コミ評判】デメリットも正直に話す 

    気軽にフォローしてね