絵本で英語(単語帳付)⑪Somedayちいさなあなたへ☆出産祝いや母の日のギフトにも☆

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

 

絵本で英語を学ぼうシリーズ11回目は、"Someday"という絵本です。
こちらは「ちいさなあなたへ」という邦題で、日本でも60万部を超えるベストセラー絵本です。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

基本情報


Someday

対象年齢:英語的には3-6だが、内容は大人向け
発売日: 2007/2/27
Alison McGhee (著)Peter H.Reynolds(イラスト)
●あらすじ●
お母さんの視点で書かれている絵本です。
赤ちゃんが生まれた日、小さな手を数えていとおしさで思わずキスをしてしまった日。赤ちゃんがやがて子供になり、そして自分の元を離れていくことを想像します。自分の小さな赤ちゃんがいつか自分の人生を歩き始め、色々な経験を通じて喜怒哀楽を感じることを想像し、そして自分の前できっといつか自分の子供の髪をとかす日が来るだろう・・と。

英単語と表現

snowflake: 雪の結晶、ひとひらの雪
held you up: heldはholdの過去形、hold you upで抱き上げる
melt:溶ける
held my hand tight: heldはholdの過去形、hold my hand tightで、私の手をしっかりとつかむという意味。子供と一緒に道を渡るとき「ママの手をしっかりつかんでてね」という意味で"Hold my hand tight, ok?"ともつかえます。
then and now: かつて そして 今
you ever dared to swing: swingはブランコをこぐ。思い切って高くまでブランコをこぐ→和訳は「高くまで(こいで)じぶんをためすこともあるだろう」と意訳されていますね。ただ「ブランコをこぐという意味」だけでは無く、作者が「自分を試すために頑張る、頑張りすぎることもあるだろう」という意味を込めた文章だと分かります
fold up with sorrow: fold upは折る、折り曲げるという意味。そこから身体を折り曲げて悲しむ様子を表します。
porch: ポーチ(アメリカの一軒家の多くは玄関の横がポーチなっているので、人を見送るときにポーチに立ちます)
a small weight: 小さな重み(ここでも赤ちゃんのこと)
a long time from now: 今からずっと時間が経った後に
grow silver: 白髪になる
love: ここでは自分の子供への呼びかけとして使われていて、私のいとおしい子、等の意味

スポンサーリンク

絵本のイメージ

※絵の雰囲気や文字数など、絵本のイメージをつかんで下さいね^^

〇イメージ1

〇イメージ2

絵本の楽しみポイント

親であることの喜び、不安、苦しみ、つらさ、さみしさ、そして子供への溢れる愛情と想いが全て詰まった一冊です。

子供が今後経験するであろうことが描かれたページには、文字通りの意味と隠された意味があるように感じます。例えば、浜辺を心臓が張り裂けそうになるまでかけていく日(イメージ2)、私は自分が学生時代の彼と別れて悲しくてどうして良いのか分からず走った日のことを思い出しました。(←思い出すとただただ若くて恥ずかしいですが・・・苦笑) でも、人生はそういう瞬間の積み重ねだという事を思い出させてくれる絵本です。

 

小さな子供に読み聞かせる絵本というよりは、これからお母さんになる娘や友人への出産祝いに。母の日のプレゼントとして。これから旅立つ子供へのプレゼントとして選ばれ続けている絵本です。

自分の小さかった赤ちゃんがいつの間にか大きくなっていることに最近気づかされる事が多い私も涙なしには読むことが出来ません。毎回本を開けるたびに様々な思いがよぎります。特に、プチイヤイヤ期の上の子に振り回されイライラが募る日、これを読むと「ああ、いつかこんな日も終わって、私の元を旅立ってしまうんだな・・・。まだ子供のうちは一緒に楽しく過ごしたいな」と勇気づけられる一冊です。読後、子供への愛情が溢れている事に気がつき、一抹の寂しさと同時にしんみりとした幸せを感じます。

 

アメリカで発売されるや、アメリカじゅうの母親を号泣させ、NYタイムズやAmazonの児童書分野で、ハリー・ポッターをおしのけて1位の座を獲得しました本作は、世界20言語以上に翻訳されており、日本でも、すでに累計発行部数60万部をこえています。

母親や、これから母になろうとしている女性、巣立とうとしている子どもたち……
それぞれがそれぞれの読みかたをできて、それぞれの感動を味わえます。

母の日の贈り物や、妊娠出産時のプレゼントとして、手から手へ贈られつづけている普遍の名作です。           Amazon.co.jp

 

まとめ

絵本で英語を学ぼうシリーズ11回目は、"Someday"(ちいさなあなたへ)を取り上げました。

こちらは、NHK「おはよう日本」でも紹介された後大反響があった絵本です。母の日、Amazon総合1位になったようですが、個人的には出産祝いにもぴったりな一冊だと感じています。

いつか自分の赤ちゃんが経験するあろう日々は、自分がかつて経験した事と重なります。そこに何を感じるかは一人一人異なるでしょうが、自分の人生を振り返り、自分の子供がこれから歩む道を思い、そして自分の母親が自分をどう見守ってきたかまでも思いを馳せることができる名作です。

英語と日本語では若干文章のニュアンスが異なる部分もあります。どちらも素敵なので是非、一度お手にとってみてくださいね。大切な人へのプレゼントにもオススメです。

 

〇日本語版はこちら〇
ちいさなあなたへ/アリスン・マギー/ピーター・レイノルズ/なかがわちひろ

 

☆こちらの記事も人気です☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事