絵本で英語(単語帳付)⑬Excuse me! ☆子供に教えたいマナーが満載

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

絵本で英語を学ぼうシリーズ13回目は、カレンカッツ(Karen Katz)のExcuse me!という絵本です。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

Excuse me! 基本情報


Excuse Me!: a Little Book of Manners (Lift-The-Flap Book)

対象年齢:0-3
発売日:2002/5/1
Karen Katz(著、イラスト)
●あらすじ●
可愛い幼児が、様々な場面でのマナーを学んでいく絵本です。親が子供に教えたいマナーが満載!げっぷした時は何という?妹のおもちゃを壊したときは何という?等、日常でよくある場面を想定して描かれています。「謝る」「丁寧に表現する」「お友達と仲良くする」などが自然と身につく絵本です。

英単語と表現

peas: グリーンピース(アメリカではグリーンはつけずpeasということが多いです。必ずしもグリーンピースを指さず小さくて丸い豆の総称です)
burped: げっぷをするの過去形
treat: お菓子(ハロウィンのTrick or Treatも同じお菓子の意味ですね)
special gift: 特別な贈り物・プレゼント
tuck you in: (主に)子供をベッドに寝かせる場面でよく使う表現。tuckは押し込むという意味があり、tuck in your shirtは「シャツを(ズボン)に入れて!」という意味。tuck you in (bed)は、ベットに押し込む→ベッドに寝かせて布団をかけるという意味になります

●子供が簡単に覚えられる英語表現●
No, thank you: いいえ、結構です。(何かを丁寧に断るとき)
Excuse me: すみません。
Yes, please: お願いします。
I'm sorry: ごめんなさい。
Thank you: ありがとう。
Good night: おやすみなさい
I love you: 大好き。

スポンサーリンク

絵本のイメージ

※絵の雰囲気や文字数など、絵本のイメージをつかんで下さいね^^

〇イメージ1

〇イメージ2

絵本の楽しみポイント

見開きの左側に場面の説明があり、右側に「そんな時何という?」と聞かれます。それに対して、ページを上にめくると答えが出てくる仕掛け絵本です。

Karen Katzの絵本らしく絵がとても可愛らしいので子供達も大好きです。ページをめくると出てくる答え(英語表現)は3単語くらいの簡単な文章なので、英語を話せない子供達も何度も読んでいるうちに覚えてしまう魔法の絵本♡

いつのまにか、子供が"Good Night" "I love you"を覚えて言ってくれたというお母さんの声も多い絵本です。

 

我が家は「妹のおもちゃを壊したよ」「こんな時何という?」のマナーがとても役に立ちました。

子供が実はやっていけないことは良く分かっています。わざとでは無い場合もありますし、分かっていてもやりたいときもありますよね。そんな時親が注意すると「いいんだもん!」と素直になれませんが大好きな絵本で学ぶと「すっと」子供の心に入るようで、それ以来下の子供のおもちゃを壊したり取ったりする頻度が落ちました(決してゼロにはなっていませんが><)そしてそんな時”I'm sorry”と気が向けば言うようになりました(毎回ではありませんけどね 苦笑)

我が家では子供がマナーを学ぶ良い機会になった一冊です

まとめ

絵本で英語を学ぼうシリーズ13回目は、カレンカッツ(Karen Katz)の"Excuse me!"を取り上げました。

小さくても子供には最低限のマナーは覚えて欲しいですよね。アメリカ本国でも子供にマナーを教えるのに役立つと高評価の一冊です。是非お子様と一緒に楽しく読んでマナーを少しずつ覚えていってくださいね。

☆こちらの記事も人気です☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事