軽井沢に別荘を新築するまでの道のりを振り返る【体験談】

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

初めは軽井沢に別荘を建てるなんて発想が無かった我々がどうして別荘を建てることになったのか。今回は、その経緯をまとめました。

今後、新築を建てたい、軽井沢に移住したい、軽井沢に別荘を建てたいと考えている方は是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

軽井沢の別荘に興味を持った理由

まずは、軽井沢の別荘に興味を持った理由からお話しします。

軽井沢には代々伝わる別荘をお持ちの方も多いですが我々は違います。軽井沢を始めて訪れたのは私が小学生の頃なのでかれこれ30年通っていますが、元々は先祖代々の土地も無いですし縁もゆかりもありませんでした。

旅行で訪れた両親も祖父母も軽井沢を気に入ったようで、毎年とまでは言いませんが頻繁に連れて行ってくれた家族の思い出が詰まった場所です。ですが、別荘ライフに憧れる事はあってもまさか自分達が実際に別荘を所有するとは思いもしていませんでした。

 

そんな時、あの3.11地震が起きました。私は勤務先の会社にいましたが、高層ビルなのでユラユラ揺れて気持ちが悪かったのを鮮明に覚えています。会社の目の前ではビルが建設中で、地震の揺れによりクレーンがグルグル回っていました。あの鉄の塊が何かにぶつかってしまうのでは無いかと冷や冷やしながら同僚と見守っていました。高層階からの避難は大変で階段で地上に降りましたが足がガクガクになりました。(実際に被災された方々のご苦労は想像も及びません><)

 

さてその3.11を期に、首都圏直下型地震が発生したときに備えて首都圏以外に土地を持つことを考え始めました。そこで目を付けたのが長年にわたり通い続けた軽井沢だったのです。

 

中古別荘を見学

まずは、中古の別荘を見学しました。インターネットで検索し、10軒近く見て回りましたが、ピンとくるものに出会えませんでした。色々と不動産屋さんを回ったりお話を聞いているうちに、土地を購入して新築を建てるという選択肢もあることに気がつきました。

 

スポンサーリンク

土地を購入

そこで、不動産屋さんを3~4店舗回り、合計10件近く土地を見て回りました。軽井沢と一言に言っても、別荘の開発が進む軽井沢では様々な別荘地があります。山の上だったり下だったり、広葉樹が多い土地や針葉樹が多い土地、日当たりの良い場所や悪い場所、駅に比較的近い場所や遠い場所と様々です。

 

始めにいいなと感じた土地は契約直前まで行きましたが結局購入には至りませんでした。というのも、土地の真ん中に別名義者が所有する小屋があったのです。地元の自治体による無料法律相談が丁度開かれていたこともあり、弁護士の先生に相談したところ「土地の真ん中に別名義者の所有物があると、後々色々と問題の種になる可能性がある。しかも、司法書士を自分達で用意するのでは無く、不動産会社が用意するのであれば尚更辞めた方が良い」とアドバイスを受けたのです。

 

意気消沈しながらも、色々回る中で自分達の好みの場所を見つけることが出来ました。先程の土地よりは狭いですが、日当たりも良く大きな木々が残る素敵な土地です。思い切ってここに決めました。(土地は高かったですが、都内に同じ広さの土地を買うことを考えればリーズナブルでした)

 

別荘の建築

建築会社の選定

それから数年して別荘を建てました。まずは建築会社の選定を行うところから始まります。大手の住友林業さん、上田のノルウェーハウスさんに足を運び話を聞きました。また、定宿の女将さんにオススメの地元の業者さんを何件か教えて貰いお話を伺いました。

更に、同じ女将さんにお借りした軽井沢に別荘を建てた方の本を読んで、ご本人に会いに行ったりもしました(著書名がどうしても思い出せず申し訳ありません(_ _)

こだわった点
・費用
・納期
・浅間山からの距離
・無垢の床
・漆喰の壁

ここでも第一希望の建設会社があったのですが、我々の希望する納期には間に合わないと言われたので、第二希望の建設会社に決めました。

注文~建築まで

注文をしたのが9月末。その翌年の夏休みは軽井沢で過ごせるようなスケジュールで依頼しました。(尚、軽井沢町には夏期工事の自粛期間というのがあり、7月後半から8月末までは緊急事態を除き原則工事は禁止です→詳細は軽井沢町HPへどうぞ )

打ち合わせは対面だけで無く電話やメールも使いました。東京の自宅に建築会社の社長さんが見えられたこともありますし、我々が軽井沢滞在中に打ち合わせをすることもあり、一級建築士さんと合計10回以上のやり取りを行い別荘のデザインを固めていきました。

 

完成

せっかく建てるなら翌年の夏期工事自粛期間前に完成させて欲しいという我々の希望は叶えられ、翌年の夏休みは軽井沢で過ごすことが出来ました。

家具の選定やら電化製品の購入やらで目も回る忙しさでしたが、完成した別荘は想像以上に快適で家族が集まる場となりました☆

 

まとめ

軽井沢の別荘を建てるまでの道のりをご紹介しました。

軽井沢には多くの別荘地があります。今でも開発が進んでおり今後更に増えていくでしょう。また、海外勢の投資先としても注目されています。もし、軽井沢の別荘の購入を検討中でしたら、数多くの土地を見て建築会社を回られることをオススメします。きっとピンと来る物に出会えますよ^^

今後、別荘の購入を検討されている方のお役に立てれば幸いです。Happy Karuizawa Life♡

 

☆こちらの記事も人気です☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事