哺乳瓶の消毒はいつまで必要?実体験から探ります

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

哺乳瓶はいつまで消毒すればいいかのかな。ネットで調べても、2ヵ月頃まで、3ヵ月頃まで、半年位までと情報が溢れていて結局いつまで消毒すればいいのかと分からない」と、お悩みではないですか。

当記事では、我が子の哺乳瓶をいつまで消毒していたのかの実体験を記載しました。ぜひ参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

哺乳瓶の消毒が必要な理由

哺乳瓶の消毒が必要な理由は、医療関係者でなくとも想像つきますね。「大人に比べて新生児は免疫力が弱く細菌に感染するリスクが高いから」です。

哺乳瓶を利用するのは、粉ミルクを飲ませる時が多いですよね。この粉ミルクは実は細菌が繁殖しやすいのです。その為「哺乳瓶に残った粉ミルクから発生する細菌に感染してしまうリスクを抑えるため」に消毒をします。

 

哺乳瓶の消毒はいつまで必要なの?

一般論

一般的に新生児の頃は、必ず消毒するよう指導されます。しかしその後は意見が分かれ、2ヵ月頃まで、3ヵ月頃まで、半年頃までという意見が多いようです。
海外のサイトを読んでも、同じ理由で半年頃までは何らかの形で消毒をすることが推奨されています。

我が家の場合

第一子のケース

上の子は、夏生まれです。

始めは完母だったため、なかなか受け付けてくれずようやく哺乳瓶で白湯を飲めるようになったのが7ヶ月の頃。粉ミルクは種類を変えたり飲ませ方をいろいろ変えましたが全く受け付けてくれませんでした。しかし、私の体調不良により母乳が出なくなった9ヵ月の頃、赤子心に生命の危機を感じたのか細々と飲むようになりました。この様に粉ミルクを哺乳瓶で飲み始めたのが9ヶ月の頃だったので、9ヵ月頃から1歳頃まで哺乳瓶は毎回欠かさず煮沸消毒をしていました。

第一子が9ヵ月の頃旦那さんの実家に遊びに行った際、私が哺乳瓶を煮沸消毒している姿を見て「まだ消毒しているの?洗っておけば大丈夫よ」と義理母に言われたのを覚えています。

一人目だったので慎重になっていたのと、私が心配性なことから1歳頃まで煮沸消毒を続けました

第二子のケース

下の子は秋生まれです。

第二子は、初めから絶対に混合と育てると決めていた為新生児の頃から哺乳瓶で粉ミルクを飲んでいました。

そこで、1ヶ月検診の時愛育病院の先生に「哺乳瓶はいつまで消毒が必要か」聞いてみました。

愛育病院の先生の意見
決まってないけど、新生児の頃から消毒しない人もいるからねぇ。ま、心配なら3ヶ月頃までしておけば?

そうなの?新生児時代から消毒しない人がいるの??アンビリーバボー(Unbelievable)だわ・・

そのため、結局第二子の首が座った3ヵ月の頃、へにゃへにゃの新生児期の卒業と同時に煮沸消毒も卒業しました。

 

1歳過ぎの今でもまだフォローアップミルクを飲んでいますが、3か月以降おそらく一回も煮沸消毒していません><
でも特におなかも壊すことなく元気に育っています^^

スポンサーリンク

まとめ

哺乳瓶の消毒を実際いつまでしていたのかの実体験をご紹介しました。結論から言うと、我が家では第一子は1歳まで、第二子は3か月まで哺乳瓶を消毒していました。

哺乳瓶の消毒は必ず行うべきと思い込んでましたが、新生児の頃から全く消毒しないお母さんもいると聞くとビックリすると同時にネット情報を鵜呑みにしてはいけないな・・・と思ったのでした。そうは言っても、今回ご紹介したのは飽くまでも我が家の体験談です。私は2人の子供を育てる母ですが、医療従事者ではありません。赤ちゃんによって免疫機能は異なるので、必ず自己責任でお願いしますね^^

悩めるお母さんの少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

★育児のお悩みに関する記事はこちらが人気です★

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事