軽井沢の別荘のメリットとデメリットを正直に語る【体験談】

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

今回は、軽井沢の別荘のメリットとデメリットを本音ベースで正直にお伝えしたいと思います。

これから(軽井沢に)別荘を建てようか迷われている方、検討中の方、または移住しようと考えている方は是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

軽井沢の別荘のメリット

家族や友人が集う場になる

都会にいると家族や友人が大勢で集まる場や機会は限られてきます。しかし軽井沢の別荘は比較的空間が広いので大勢が集まりやすいというメリットがあります。駐車場も気にしなくて良いですし、都会の自宅に比べれば宿泊する部屋数も多いからです。

皆でワイワイとおしゃべりとして、お酒を飲んだり子供達が一緒に遊ぶのを見るのは楽しいものです。

ただ物事には良い面もあれば悪い面もあるのは事実で、自分達の別荘だとそれが時に負担になることもあります。何故なら自分達がホストだからです。

ゲスト滞在前から布団の用意や部屋の掃除をし、滞在中の食事・洗濯・掃除・炊事・買い物までをこなすのはそれなりに重労働。その為「別荘には誰も招待しない」という徹底した人々もいます。

新しい社交の場

別荘地には別荘地のお付き合いがあります。都会のそれとは全く異なる社交場を持てることは大きな魅力の一つと言えます。そして軽井沢では西洋のように夫婦単位で行動する機会が多いので、今まで以上に「お父さんのお友達の輪」と「お母さんのお友達の輪」が重なります。

例えば、友人の別荘にお呼ばれする際も基本的には夫婦単位で呼ばれます。勿論、お父さんだけが飲み会に出掛ける時もありますし、お母さんだけがお友達とお茶をする機会もありますが、夫婦単位での行動範囲が広がるのは事実です。

 

自然の中で気分転換が出来る

軽井沢に別荘を建てようと考える方の多くは都会出身です。田舎に広大な土地をお持ちの方が、軽井沢に別荘を建てるとは余り聞いたことがありません。

都会出身者にとって、都会の喧噪から離れ自然の中でぼーっと緑を見ながら静かに過ごせるというのは何事にも替えられない癒やしの時間です。

 

自分達の好みの空間がある

これはホテル等の滞在施設と比較した場合ですが、やはり自分達の好きな土地に建てたい家を建て、好みの食器や家具を置くことで、より居心地の良い空間を作り出すことが可能です。勿論居心地の良いホテルも数多くありますが「自分達の好きなXXXXX」にこだわれる点がホテルとの大きな違いでしょう。

 

軽井沢は適度に都会文化がある

軽井沢が別荘地として多くの人に好まれる理由は、適度に都会文化が根付いているからだと個人的には感じています。

軽井沢では自然の中で田舎生活を満喫できますが、適度に都会文化を楽しめます。例えば、大賀ホールでは著名人の演奏が手軽に聴けますし美術館も多いです。そしてグルメを堪能できるレストランも数多くあります。多くの文化人が軽井沢に別荘を持っているようで、大小様々な講演会も行われています。

軽井沢の別荘のデメリット

コストがかかる

コスト=費用がかかります。これが一番のデメリットですね。

土地の購入と別荘の建築費とは別に、ランニングコストがざっくり2倍かかります。

固定資産税、自動車税、車の保険代、ガソリン代、インフラ代(水道・電気・電話・ガス代)etc...

また、冬の間もトイレの水が凍結しないようにセントラルヒーティングを緩く付けておくので暖房代が夏場より高くなります。(凍結すると水が膨張してパイプが破裂し大変なことになります)

 

メンテナンスが大変

家をもう一軒持つというのは、当たり前ですがメンテナンスすべき対象が一軒増えるという事です。

特に軽井沢の別荘地は木が生い茂っているので、枯葉などの木々のメンテナンスが必要です。草刈りや薪割りも必要になります。これを楽しめる内は問題ないですが、楽しめなくなってくると別荘を手放すことを考え始めるようです。

勿論、全てのメンテナンスを管理会社に外注することも可能ですがコストがかかります。

 

移動が大変

別荘と言うからには自宅との往復になります。子連れでの移動は大変ですし、親世代も高齢になればなるほど移動を億劫に大変に感じるようです。

 

旅行に行く気分が減る

先程の移動が大変という点にも通じますが、別荘と自宅の移動だけでも結構疲れるので、それ以上の移動を伴う旅行に行く気力が減退します。

また、一年間の限られた休みの中でまず軽井沢で過ごす期間を決めると、別の場所へ旅行する時間が無くなります。(子連れだと気力も無くなります 苦笑)

スポンサーリンク

別荘を持つ意味があるの?

メリットもありますが、デメリットもある別荘の所有。

我が家の場合は、首都圏直下型地震に備える意味で首都圏以外に土地を持つという発想をし、軽井沢の土地を買い、その流れで別荘を建てました。元々軽井沢が好きで毎年通っていたので馴染みのある土地でしたが、それにしても別荘は初期投資がかかるのとランニングコストもかかります。

それでも、メリットがデメリットを上回っていると感じる今は、別荘ライフを満喫していますし満足もしています

まとめ

軽井沢の別荘のメリットとデメリットをまとめました。

 

何事にもメリットとデメリットがあります。軽井沢の別荘ライフは猛暑を避けることが出来、真夏を快適に過ごせるので今は満喫していますが、今後状況が変われば考えも変わってくるかもしれません。

高齢になると「もっと暖かい場所がいい」といって軽井沢から伊豆の方に移られていく方々もいます。逆に、90歳近くになっても軽井沢という土地から離れたくないという方もいらっしゃいます。

 

軽井沢の別荘の購入を検討中の方は、まずは貸し別荘を利用し別荘ライフを楽しんでは如何でしょうか。その間に土地や建築会社を探して実際の購入を考えてみてもよいと思います^^

 

☆こちらの記事も人気です☆

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事