きうち 八寸

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

先日家族のお祝い事があり、知人に紹介された日本料理屋さんに行って来ました。

佐久平駅から徒歩3分の立地に、2019年3月にオープンしたばかりの割烹祺うち
佐久平駅は、JR軽井沢駅の隣の駅でその間10分強と思いのほか近いです。

我々は軽井沢から30分弱車で走りました。

今回は、割烹料理を子連れで文字通り堪能してきたので、詳細をレポートします^^

スポンサーリンク

割烹祺うち

基本情報

住所:長野県佐久平市佐久平駅北27-3
電話:0267-73-9102
※佐久平駅浅間口から徒歩3分
※駐車場 合計7台

大将は、東京恵比寿、白金、三田エリアで研鑽を積まれた後、2019年3月に故郷の佐久平に割烹祺うちをオープンされたそうです。
佐久平駅から徒歩3分の立地にある平屋の中は、まだ新築の木の香りが残る心地良い空間です。
奇をてらわない伝統的な和のインテリアなのですが、センスの良さが感じます。

8月お盆の時期のランチ

予約

今回は、知人の紹介という事もあり数日前に電話で予約しました。
予算と家族のお祝い事にランチで利用したい旨伝えると、器やお料理の内容で「お祝い感」を演出して頂けることになりました。
また、年少さんと0歳児がいるので個室をお願いしたい旨伝えると心よく応じて頂き、ほっとしました。

当日のメニュー

割烹祺うちでは、その日の仕入れ状況に応じて料理内容はお任せです。
家族にアレルギー持ちがいるので予め伝えていたところ、当日それらの食材は使わない旨説明を頂きました。

先付

きうち 先付
トウモロコシと豆乳のすりながし

朝採トウモロコシの甘みがきいていて優しいお味のすりながし。
初めの一品で今後の料理への期待感が高まります。
我が家の年少さんは勿論、離乳食期の0歳児も大喜びで食べていました^^

八寸

きうち 八寸
もずく、ゆば、巣で占めたレンコン、金時芋、ミョウガ、茄子のオランダ煮、枝豆にホウズキの実に見立てたトマト

お祝いの席ということで、水引を飾り付けて下さっていますね。
どれも美味しかったですが、モズクが通常のものより細くて繊細で我が家では好評でした。
ホウズキの実に見立てた酢で占めたトマトが可愛らしかったです。
子供たちは甘い金時芋の虜になっていて、食いしん坊の0歳児は「もっと~」と手まで伸ばしていました・・笑

吸い物

kiuchi 吸い物
「鯛」しんじょと冬瓜のお吸い物

おめでたい席なので、鯛しんじょにして下さいました。
エビはよく頂きますが、鯛しんじょは初めてです。
ほわほわと優しい触感で上品なお吸い物とよく合います。0歳児なのに(?)鯛の良さがわかるんでしょうかね~。もぐもぐ食べていました。
ついでに、保育園で「自宅で食べさせてください」リストに載っている「冬瓜」も食べさすことが出来て一石二鳥♡
冬瓜って自宅では全く食卓にのぼらないのに、なぜか保育園からは「食べさせてください」リストに載ってるんですよね・・・
不思議に思うのは私だけでしょうか・・・?

造り

kiuchi 刺身
さわらの藁焼き、伊勢海老とあゆのお刺身

お盆なので、さわらを藁焼きにされたとのこと。
そして、おそらくお祝いの席だからでしょう・・「伊勢海老」のお刺身!!!
川魚「あゆ」のお刺身もなかなか食べれることが出来ないので、純粋に嬉しい!どれも美味しかったのですが、家族の意見が一致したのが「伊勢海老」の甘さとぷりぷり感
少し炙って甘さを引き出したとのこと。お醤油とお塩の両方頂きましたが個人的にはお塩で食べるのがおススメでした。この伊勢海老くんは、八寸を頂いている時に大将がわざわざ生きている状態を見せに来てくれました
余計に「あ~、新鮮だわ~。ぷっりぷり♡」と甘みが心に沁みました笑

焼物

kiuchi 焼き物
鯛の幽庵焼と福耳唐辛子のてんぷら

おめでたい席なので引き続きめでタイ!
鯛の幽庵焼はカボスで頂き柔らかく煮てあり美味しかったのですが、我が家の話題をかっさらったのは「福耳唐辛子」のてんぷら。
通常の唐辛子より辛さは控えめなのですが、噛むと最後の方にくるピリッとして辛さにハマりそう笑父は、唐辛子好きなので「どこで購入できますか 」と熱心に聞いていました。
佐久平周辺の地物野菜らしいのですが、大将も最近「福耳唐辛子」に出会い美味しさに感動されたそうです。
道の駅にたまに売りに出されるらしいので、今度寄った際は探してみようと思います。

 

炊合

kiuchi 炊き合わせ
スズキのカマ、おくら、ていざなすとモロッコインゲンの煮物

甘いトロっとした煮汁で炊いたスズキのカマとていざなす。
カマ好きの私としては、とてもうれしい一品なのですが、それ以上にこの「ていざなす」が繊細で口の中でとろけるような食感が素敵
初めて頂いたのですがこの「ていざなす」は信州の伝統野菜なのだそうです。
日本は本当に広いですよね・・・
京野菜は何となく関東の人間である私も知っていますが、信州にも伝統野菜があるのですね。

ご飯・味噌汁・香物

kiuchi ごはん
じゃことトウモロコシのご飯・味噌汁・香物

大将が緑のお釜を持ってこられて、目の前で混ぜて下さいました。
何の変哲もないように思える(失礼な言い方でごめんなさい!)このじゃことトウモロコシのご飯なのですが、病みつきになってしまう美味しさです。
朝採れトウモロコシの甘みと、ちりめんじゃこのほのかな塩気とお出汁の絶妙な組み合わせが成せる業なんでしょうね。
皆それぞれお代わりを頂き、お腹いっぱいになるまで堪能しました。
それでも残ったご飯は、包んでくださいました♡

甘味

kiuchi 水物
小諸の桃と小豆の白ワインゼリー掛け

最後の水物は、お祝い事なので少し洋風にプレートにメッセージを書いて頂きました^^
素敵な演出を有難うございます。地元の小諸の桃は程よい甘みと硬さで、我が家の年少さんが大人の分をモリモリ食べておりました
ゼリーは少しお酒が入っているかもしれないので避けて食べてね、と伝えてもそのまま嬉しそうにモリモリ完食してしまいました!

 

ここまでで、2時間半くらいです。
お料理は7,128円のコースをお祝い風に調整して頂いています。
ゆっくりと団欒しながら食事を勧められるので、最後にはお腹が満腹になっていました。
どれもとても丁寧に作られていて、一品一品楽しみながらお味を堪能することが出来ました^^

お子様ランチ

お子様メニュー
おかかのお握り、卵焼き、鯛の煮つけ、おうどん、小諸の桃(リンゴジュースは別途注文しています)

お握り好きの年少さんは、まずお握りから食べ始め、器用にお魚を自分で食べ、卵焼きを2個食べたところで少しペースが落ちました。
その後、大好きな桃を堪能してから、少しipadで動画を見て大人達をホッとさせました。合間合間に大人の料理を口にし、大人の会話にも入り込み、というか、大人の会話を中断させ自分の言いたいことを言って満足しておりましたが、やはり個室なので周囲を気にすることなく食事を堪能できたのが本当にうれしかったです。

 

ドリンクメニュー

我が家は車だったので、全員ノンアルコールを頼みました。
乾杯は、ノンアルコールスパークリングワインが美味しかったです♡
その後は、各自ノンアルコールビール、ノンアルコール白ワインや乾杯と同じノンアルコールスパークリングにしました。

超個人的な感想ですが、ノンアルコール白ワインは味がちょっぴしジュースっぽいのでノンアルコールスパークリングの方がおススメです!

子連れ情報

京懐石などの日本料理屋は、通常子連れは余り歓迎されない雰囲気がありますが、こちらではゆったりとした個室に通して頂き子連れでも周りに気兼ねなくお料理を堪能することが出来ました。
子供用の椅子やお子様メニューやカトラリーまで用意があり、細やかな心遣いを感じることが出来嬉しくなりました♡

おむつ替え台はありませんが、女子トイレが広くてきれいなので、そこにベビーカーを入れてベビーカーの上でおむつ替えが出来るので安心です。
wc

我が家の食いしん坊0歳児も、お食事開始から1時間くらいは元気に参加していました。
でも、やはり0歳児。だんだん睡魔に襲われ、ベビーカーで外を10分程度散歩したところコテっと眠りに落ちてくれました。
その頃には、上の子もipadタイムに突入し、後半は少しゆっくりとした大人時間が持てました。
やはり、ipadと動画はこういう時役に立ちますね~笑
スポンサーリンク

まとめ

佐久平駅から徒歩3分の割烹祺うちをご紹介しましたが、如何でしたか。

中々子連れでゆっくり懐石料理を楽しめる処は少ないので、個人的にはとてもおすすめです。
勿論、子連れでなくとも、お料理自体がとても丁寧に一品一品作られているので、ほっこりと優しい気持ちになります。

何より大将と女将の感じが良く、穏やかで朗らかな人柄に触れれば日頃の疲れも少しは吹っ飛ぶかも。

また、我々も立ち寄ってみたいと思います♡

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事