マッチドットコムは評判通りベストマッチ(元彼!)を紹介してくれた

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

今回は、私の体験談です。

既に結婚して2児の母になっているので、10年くらい昔の話になります。
マッチドットコムを婚活に使おうか悩まれている方の参考になればと思い記事にします。

マッチドットコム(Match.com)とは

マッチドットコム(Match.com)は1995年にアメリカでスタートし、25カ国以上に展開する世界最大の恋愛・結婚マッチングサイトです。

運営会社であるマッチ・ドットコムジャパンはTinder(出会い系アプリ)の運営会社でもあり、日本でのサービスを2002年に開始し日本オフィスを2004年に設置しました。

マッチドットコムは、真剣に婚活に取り込む人が多いマッチングサイトの一つで有名です。

オンラインデートサービスの最先端のアメリカでは結婚・婚約カップルの実に12%がインターネットで知り合い、その内の33%がマッチドットコムで出会っています。
国内でも、マッチドットコムの結婚カップルの約半数近くが交際一年以内にゴールインしています。

利用したのは2009年頃

私がマッチドットコムに登録したのは2009年頃です。

当時元彼と別れて、今後の出会いの場を求めていた時期です。

海外でも話題になっていたマッチドットコムに私も登録してみようと思い立ちました。自分の顔写真もアップし、「相手に求める条件」をどんどん入力してきます。流石アメリカ発のサイト!年収、仕事に始まり趣味、週末の過ごし方等など随分多くの項目を入力した記憶があります。

そして、やっと入力が終わり設定が完了すると、あなたにマッチする人はこの人です!と表示されるのですが・・・・

 

まさかの元彼が一番のマッチ案件???

あなたにマッチする人として紹介されたトップバッターが何と元彼だったのです!

 

目を疑いましたよ。ええええええええ?????(あ、ちなみに奴が仕事関連で出会った年収1000万円以上の元彼です)

まあ、確かに自分が求める条件には合ってるよね・・・苦笑

そして機械は当然我々が付き合ってたことも別れたことも知らないわけですし・・・・

 

余談ですが、マッチドットコムには当時最終ログイン日時というのがありました。よく見ると、ついちょっと前までログインをしていた模様!!

まさか、私が登録して彼とマッチされた事実は彼には伝わらないよね?っていうか、別れて速攻相手探すってこの人どうなのよ!(←って自分もそうか・・・)

その後私がどうしたかというと、速攻退会しました・・・・苦笑

何も元彼とかぶる場所で新しい出会いを求める必要ないな、と感じたからです。

ここから学んだことは?

この案件から学んだのは、マッチドットコムは本当に条件があう相手を探し出してきてくれるんだ!ということです。

元彼は私の求める条件は全て兼ね備えていました。

ということは、あの後、元彼の存在を無視してマッチドットコムを使い続けていれば、もしかしたら自分の理想の相手に出会えていたかも知れないんですよね。少なくとも条件的には!!!

機械は相性までは分からないので、あとは、条件のあった相手と実際に会ってみれば良いだけのこと!!

 

そう考えると、あの時もう少し粘って使っておけば良かったかな・・・なんて思ったりもします(うそうそ、今は幸せな結婚生活を送っております笑)

まとめ

マッチドットコムに登録したら、一番のマッチ案件が自分の別れた元彼だった話をご紹介しましたが、如何でしたか。

私の場合は別れた直後だったこともあり元彼が出てきた時点で焦って退会してしまったのですが、マッチドットコムを使えば条件のあった相手と出会えるのは証明されました

勿論ロマンチックな出会いでは無いですが、結婚してしまえばどんな出会いをしたかなんて重要で無くなります

それを気にするのは恐らく結婚式の時くらいまでです(←経験者は語る)

 

出会いの場が無い・・と嘆くくらいなら、マッチドットコム等のサイトを使ってみるのも一つの手かもしれません♡

 

でも、ネット上の出会いは未だに危険も少なからずあるようなので実際に会うときは慎重にお願いします^^

 

次回は、Yahoo!の出会いサイトで1ヵ月限定の婚活をして見事、高収入サラリーマンとゴールインした友人のお話を紹介します☆

乞うご期待下さい^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事