ハロウィンの準備③子供と一緒に簡単パンプキングラタン(30分)

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

 

我が家の年少さんはハロウィン一色です。毎日昨年の衣装を着て、今年は何になるか悩んでいます😊
今回は子供と作れる簡単なパンプキングラタンをご紹介します。

とても簡単なので是非参考にして下さいね。

 

スポンサーリンク

パンプキングラタン

レシピ

前回のパンプキンパイに続き、カボチャを使いパンプキングラタンを作りました。今回も、市販品(グラタンソース)を使うことで思いの外、簡単且つ美味しく出来たのでご紹介します。

レシピは、ハインツのグラタンソースのラベルを参考にしながら自分の主婦の勘を頼りに適当に作りました。

材料

カボチャ:1/4個
マカロニ:1袋(150g)  今回はマミー(ゆで時間1.5分)が眠っていたのでそれを使用
挽肉:200g位 (冷凍庫に眠っていたのでそれを使用)
ハインツのグラタンソース:一缶
牛乳:200g
とろけるチーズ:適量

HEINZ(ハインツ)のホワイトソースとの違いですが、グラタンソースはチーズとマッシュルームが入っており、より濃厚且つカロリー高し♡

作り方

1.カボチャは7分レンチンしてつぶす。

2.挽肉は予め炒めておき軽く塩胡椒しておく。

3.グラタンソースを鍋に入れて、牛乳を加えて伸ばす。

4.沸騰直前の温度になったらマカロニを投入してグラタンソースの中で茹でる。

5.1分くらいの時点でつぶしたカボチャと挽肉も投入して混ぜる。

6.1.5分経過したら全てをグラタン皿に投入。

7.予熱しておいたオーブン200度で15分ほど焼いて焦げ目を付けて完成!

8.切り抜いたカボチャの皮をジャコランタンらしく飾る

焼いている時間(315分)をのぞけば、30分教で準備可能です。勿論ホワイトソースを自分で作っていないからですが、グラタンって簡単なのに大好評で主婦に有り難い一品です。

昔、義母がラザニアを焼いてくれて「すごい!」と喜んだ時。
「オーブン料理は入れておけば完成で簡単だからね」と笑っていたのを思い出しました。
うん、オーブン料理のレシピを増やそう!と今回密かに誓いました 😊

完成品

反省/注意点

パスタはディチェコを使用することが多いのですが、グラタンのマカロニはマミーとかの方が美味しい気がします♡
そして、時短のコツはソースの中でマカロニを茹でること。我が家は表示通り1.5分茹でましたが、その後オーブンで茹でるので短めでもいいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか。焼く時間を除けば30分でグラタンって準備できてしまうのですね!いつもはホワイトソースを作の面倒くさいな・・と思い敬遠していたのですが、今回市販品を使うことで簡単にできてビックリです。

家族にも好評だったので(特に旦那さんはペロリと食べてお代わりもしてくれました^^)今後グラタンのレパートリーを増やそうと思います。
こちらは簡単且つボリュームもあり見栄えもOKなので、ハロウィンパーティの一品としてもよいかな、と感じています。

皆様も想像以上に簡単なので是非作ってみて下さいね^^

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事