不動産投資会社にだまされた?住宅ローンが通らないのですが?

こんにちは。Bilingualママのソフィアです。

今回は、不動産投資用と居住用の住宅ローンに関するお話です。

もし、これから不動産投資を始められる方のお役に立てたらと思い記事にします。

スポンサーリンク

不動産投資と居住用では住宅ローンの枠が違う

我が家は老後の資産形成の一環として不動産投資をしているのですが当然住宅ローンで購入しています。

そして、不動産投資を始める前に多くの不動産投資会社を訪れましたが、どこでも言われたのが以下内容。

1.年収のおよそ10倍までは借り入れが可能

2.事業用(不動産投資)と居住用では住宅ローンの枠が異なる

3.居住用で住宅ローンの枠を使ってしまうと、事業用(不動産投資)ローンが通り辛くなるので、順番としては不動産投資を先にするのが望ましい

4.事業用ローンを先に借りていても、居住用の住宅ローンを借りる際は年収の10倍を超える金額を借りることが出来る

1社では無く、全ての不動産投資会社に同じ内容を言われたのでそれを信じて、投資用不動産を先に購入しました。

不動産投資会社の説明と違うのですが・・?

ソフィア家に最近第二子が生まれ、元々3人家族の予定だったので家が狭くなってきました。

その為、新居への引っ越しを考え色々物件を見て回っている中で、「あら、素敵!」という物件に出会ったのです^^

最近は住宅ローンの仮審査の合格証がないと不動産の買付証明証を受け付けない不動産業者も多いらしく、早速即日回答が出るという「じぶん銀行」にローンの仮審査を依頼しました。

 

我々の頭の中では、「年収の10倍まではローンが借りられる」という思いがあります。特に他に車やカードの借り入れなどもありません。

不動産投資物件価格と今回の居住用物件価格の合計額も年収の10倍未満なので「ローンの仮審査通るよね~」と軽く考えていたら・・・・

 

不合格!!!

 

審査結果
住宅ローンのお申込みをいただきまして、誠にありがとうございました。
審査の結果、今回のご融資は見合わせていただくことになりました。
ご不明な点は、じぶん銀行ウェブサイト内の「よくあるご質問」をご覧ください。

 

いやいやいや、マジですか?

マジですか???

ってことは、私たち不動産投資物件を先に買っちゃったから、これから先自分達の家を買えないってことですか??????

 

というわけで、結構凹んでいるわけです・・

スポンサーリンク

まとめ

不動産投資ローンと住宅ローンの合計額が、年収の10倍に満たなくとも住宅ローンが通らないこともあるようです。

じぶん銀行にしか仮審査を依頼していないので別の銀行では通る可能性もありますが、というか、通ってくれないと困るのですが・・。

老後の資産形成の一環として不動産投資を始めたことに後悔はありませんが、自分達の住居が無くては困ってしまいます・・・。

 

当たり前ですが、不動産投資会社は投資用不動産を売るのが仕事ですので、彼らの話を鵜呑みにするのは危険かもしれません。というか、危険です
(我々もそんなことは百も承知だったハズなのですが・・・詰めが甘かったのかも知れない・・・><」

また、進展があればお知らせします☆

これから不動産投資を始めようかと悩んでいる方、参考にして下さいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事