絵本で英語(単語帳付)㉔Spot Bakes a Cake★Go easy on‥の意味知ってる?

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

絵本で英語を学ぼうシリーズ24回目は、”Spot Bakes a Cake"という絵本です。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

Spot Bakes a Cake 基本情報


Spot Bakes A Cake (Spot - Original Lift The Flap)

対象年齢:0-3
発売日:2009/01
Eric Hill (著/イラスト)
●あらすじ●
子犬のスポットはお父さんの誕生日ケーキをお母さんと作ることにしました。買い物に出掛け、ケーキを焼き、デコレーションします。上手に出来るでしょうか。

英単語と表現

on Friday: 金曜日に(曜日の前は必ずon)
bake a cake: ケーキを焼く(オーブンに入れるイメージが強い)
make a cake: ケーキを作る(材料を混ぜてから焼いて飾り付けをするまでの一連の作業をさす)ちなみにcook a cakeとは言わないのでご注意下さい!
go shopping: 買い物に行く
flour: 小麦粉(ちなみに同じ発音のflowerはお花。同音異義語といって同じ発音だけど意味が違う単語です)
That's enough!: もう十分よ!
Wheee!: いいぇーい(滑り台を勢いよく降りる時や自転車で坂を下りる時など色々な場面で使います)
in the oven: オーブンに入っている
yet: もう~してもいい?ここでは、もうケーキに飾り付けてもいい?の意味。
Go easy on the icing: go easy onで「~を控える」なので「アイシングしすぎないでね」という意味(下のソフィアが詳細を説明)
icing: アイシング(ケーキ・カップケーキ・クッキーの上にカラフルなデコレーションのこと。砂糖と水とレモン水で作られている)
This is the best part!: これ(アイシング)が一番楽しいところだよね!
Mom helped a little: ママは少し手伝ったよ(Spotの立場からすると、自分がケーキを作ってママは少し手伝ったというセリフが子供らしいですね^^)

Go easy on~はイディオムで2つの意味があります。ここでは①の意味ですね。

①~を控える Go easy on the sugar>砂糖は控えめにね
②~に優しくする Go easy on me>お手柔らかに

スポンサーリンク

絵本のイメージ

※絵の雰囲気や文字数など、絵本のイメージをつかんで下さいね^^

〇イメージ

★Twitterでも読み聞かせサンプル動画配信中★

絵本の楽しみポイント

日本語でも人気の「コロちゃんシリーズ」からケーキ作りを楽しむ一冊。(Spotは原書で使われる犬の名前です。日本名はコロちゃん)
いたずら好きのSpotと一緒に買い物にでかけ、材料を買ってきてケーキを作って焼いて飾り付けするまでを楽しみましょう。これを読めば、子供達もどうやってケーキが出来るのか自然と理解してしまいます。ついでに必要な英単語も覚えちゃいます。

とても簡単な英語で書かれているのですが、イディオムも使われていたりとこの一冊が分かるようになれば子供達の英語力もぐんとあがります。

イディオムは一つ一つの単語の意味が分かっても、全体としての意味を知らないと理解が出来ないことが多いのですが、絵本はイラストがあるので容易に想像できるのが有り難いですね。例えば今回使われているgo easy on。何となくお母さんの言いたいことが分かりますよね^^

さて、一生懸命「お手伝い」をしているSpotですが、どうしてもキッチンは汚れてしまいますよね。最後のSpotの一言に思わず笑ってしまいますよ!

まとめ

絵本で英語を学ぼうシリーズ 24回目は、"Spot Bakes a Cake"を取り上げました。

日本語版のコロちゃんシリーズが好きなお子様も多いですね。お子様が既に馴染みのキャラクターやシリーズを英語絵本で取り入れると、親子共にお話にすっと入れるのでオススメです。ケーキやクッキー等のお菓子作りが好きであれば読んでいて盛り上がること間違いなしです^^ 日本語と読み比べても楽しいですね。

クリスマス、バレンタイン、お誕生日会等でケーキを焼く機会も多いので是非お子様とSpotと一緒にケーキ作りを楽しんで下さいね💛


Spot Bakes A Cake (Spot - Original Lift The Flap)


コロちゃんのケーキづくり (児童図書館・絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)

スポンサーリンク

気軽にフォローしてね

おすすめの記事