天気にまつわる英語のイディオム20選☆テストがそよ風ってどういう事?

こんにちは。バイリンガルママのSofiaです。

 

ネイティブと話す上で、知らないと会話の意味が分からなくなってしまうのがイディオム(慣用句)です。

その理由は2つ

1.イディオムは文字通りの意味では無いので、例え全ての単語を知っていてもイディオムとしての意味を知らないと理解出来ない

2.ネイティブは頻繁に使う(ある調査によると、ネイティブは自分達で気がつかないだけで一分に3~4個のイディオムを使うそうです)

今回は、天気にまつわるイディオムを集めました。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

weather

under the weather

体調が悪い

I'm sorry, but I don't think I can come to your party tonight. I feel a bit under the weather so I want to stay home.
ごめんなさい、今晩パーティに行けなさそうなお。体調が悪いから家にいたくて。

fair-weather friend

状況が良いときだけの友人、うわべだけの友人

They were fair-weather friends to my dad because they all left him after he lost his job as the president.
彼等は私の父にとってうわべだけの友人でした。と言うのも、父が社長の座を失ったとき離れていったからです。

cloud

on cloud nine

天にも昇る気持ち、とても幸せな、有頂天

I finally passed the bar exam! I'm on cloud nine!
やっと司法試験に受かった!超嬉しいよ!

 

every cloud has a silver lining

悪いことの中にも良いことが一つくらいはある

I'm sick and feel awful, but I get to stay home, so I can study and prepare for the exam on Monday. Every cloud has a silver lining.

スポンサーリンク

wind/breeze

get wind of

噂をかぎつける

We can't say anything yet, otherwise the suspects will get wind of what we are doing.
(当局)容疑者が我々の状況を嗅ぎ付けてしまうかもしれないので、未だ何も言うことが出来ません。

throw caution to the wind

後先を考えず行動する、慎重さをわすれて(おバカな)行動をする、全ての責任を放棄して行動する

I'm sick of my life. Let's throw caution to the wind and fly to Vegas!
もう自分の人生が嫌になるわ。何もかも忘れてベガスに行きましょうよ!

a breeze

とても簡単なこと

How was your exam?
It was a breeze.
テストどうだった?
簡単だったよ。

rain

come rain or shine

どんな時も(雨の日も晴れの日も)

Come rain or shine, I always love you.
どんな時も君を愛しているよ。

Come rain or shin or storm or thunder, I always love you♡
雨でも晴れでも嵐でも雷でも、君のことがずっと好きだよ♡自分で色々文言を足して、強調することもふざけた感じにも使えます。

 

take a rain check

延期する(丁寧にお断りする場合にもつかえる)

Do you wanna go to movie tonight?
Well...I'll take a rain check.
今晩映画に行かない?
うーーーん、遠慮しておく。

rain on my parade

水を差す、喜んでいる気持ちや計画をぶちこわす

My boss is very good at raining other people's parade.
ボスは本当に水を差すのが上手なの(皮肉を込めての表現)

as right as rain

健康そのもの、物事が順調にいく

I don't feel sick anymore, I feel as right as rain!
もう調子悪くないわ、健康そのものよ!

raining cats and dogs

土砂降りになる(=pouring)

Boys, seriously going outside now? It's raining cats and dogs now!  Why don't you stay home and read some books?

(母)ねえ、本当に外に行くの?今土砂降りよ。家の中で読書でもしたら?

save it for a rainy day

(お金など)将来必要なときに備えてとっておく

I got extra cash from my grandma!
Why don't you save it for a rainy day?
おばあちゃんからお小遣い貰っちゃった!
必要なときのために貯金しておいたら?

storm/thunder

a storm is brewing

嵐が起きそうだ、誰かが怒り始めそうだ、問題が起こりそうだ

It is very cloudy today. A storm is brewing.
今日は曇り空だね。嵐が起きそうだ。(文字通りの意味ですね)

I may be smiling on the outside, but there's a storm brewing on the inside.
外からは笑っているように見えるけど、でも実はかなり(内面は)きてるよ(怒りそうだよ)

 

calm before the storm

嵐の前の静けさ

This is just the calm before the storm, when children get home from school this house will be chaos.
今は嵐の前の静けさってやつさ。子供達が学校から帰ってきたら家の中はカオスだ(めちゃめちゃになる)よ。

 

storm / tempest in a teacup

大袈裟にする、実際より大きく捉えて騒ぐ

Don't worry about those two arguing. it's just a storm in a teacup.
あの2人の口論は気にしないで。大袈裟なだけだから。

stormはどちらかというとイギリスで使われ、アメリカではtempestを使うことが多いようですが、意味は同じです。

steal my thunder

注目や手柄を横取りする(thunder stealerと名詞でも使えます)

Why is that girl wearing a white dress on a wedding? She's not a bride! Oh...she is stealing the bride's thunder.

Friendsというアメリカのホームドラマをご存じですか。
モニカがレイチェルやロスにむかってよく言うセリフです。モ二カの婚約発表日、レイチェルはロスとキスしているのを見られて「モニカに集まる祝福と注目を横取り」してしまいます。
モニカの結婚式当日、レイチェルの妊娠が判明しやはり「モニカに集まるはずの注目は」レイチェルに奪われてしまいます。そんな時、モニカが”You've stolen my thunder again!”(私が注目されるはずの日に、注目を横取りしたわね!”と叫ぶのです。

 

chase rainbows

不可能なことを追い求める

If you really think you can get in to Harvard with your grades, then you are chasing rainbows.
本当に君の成績でハーバードに入れると思ってるなら、、、あり得ないと思うよ。

 

break the ice

緊張をほぐす(日本語のアイスブレイカーはここからきています)

He started the meeting with a joke to help them break the ice.
彼は参加者の緊張をほぐすため、会議の冒頭で冗談を言った。

be snowed under

やることが多くて忙しい

My husband is snowed under at work right now because his colleague left the company.
同僚が会社を辞めたので主人は今とても忙しいんです。

まとめ

天気にまつわる英語のイディオム20選をご紹介しました。

 

イディオムを覚えるときは、まず状況を思い浮かべて見てください。例えば最後のsnowed underは雪に埋まっているイメージです。何だか重そうで身動きが取れなさそうですよね。「やることが多くて身動きが取れない」絵を想像すると覚えやすいですよ。

 

以上、天気にまつわる英語のイディオム20選☆テストがそよ風ってどういう事?でした。

 

☆こちらの記事も人気です☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事